--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.30

MASAKOの山歩きノート

Category: 未分類
masakoの山歩きノート

秋は私の山歩きシーズンです。
夏の間はいつも日本に帰っているし、冬はもちろん歩きませんし、春はまだ雪が残っていて、寒いですから。
それに天気の良い秋の日は、山歩きにはバッチリです。
気温もそれほど高くないし、お日様が出ていれば、夏に負けないくらいの爽快感。
ただ、高山植物がもう終っているのが、唯一寂しいかな…

今回は、隣のバレー州のアローラに出かけました。この州はスイス人自身が、スイスで一番スイスらしいと言っている地域だそうで、マッターホルンやユングフラウの一部もこの州の中にあります。
名峰に囲まれている州なんですね~。

masakoの山歩きノートmasakoの山歩きノート

左上の写真はピーニュダローラ、そして今回目指すは、エギューユ・ルージュの山腹にある山小屋、レフュージ・ド・ルージュ、右上の写真です。
結構広い山小屋で、宿泊もできるし、レストランにもなっていて、ジュネーブから来ていたカップルは、ちゃんとスープから始まって、チーズや干し肉の盛り合わせや、もちろんワインも頼んで、豪華な食事を楽しんでいました。
私達は家の近くのパン屋さんで買ってきたサンドイッチと紅茶、チョコレートとりんご。でも、美味しいですよ~。
山の管理人さんはひと夏中、山を降りずにここで過ごすんだそうです。食材は夏の初めにヘリコプターで運んで、冷凍しておくらしいです。

masakoの山歩きノート

帰り道が大変でした!!来た道を帰ればよかったのに、違う道で帰ったら、登ったり下りたり、鎖場があったり、川があったり、かれこれ総行程5時間半あまり。でも、途中きれいな湖を見れました。名前はラック・ブルー。文字通り、青い湖。

masakoの山歩きノートmasakoの山歩きノート


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2012
09.19

我が家のワイン事情とスイスのワイン

Category: 未分類
我が家のワイン事情

我が家のワインストックがついに0になりました。
そこで、下の町までワインのまとめ買いに出かけることにしました。
そして、カートにいっぱいになりました。お買い得のワインがいろいろ出ていたので、いろいろ買って、これでしばらくは大丈夫!!
家計の事情で、安いワインを中心に購入しましたので、皆さんご安心下さい(?)
スイスワインはもちろんですが、フランスのワインも多く売っているので、嬉しいです。

我が家のワイン事情我が家のワイン事情

帰りにエーグルAigleのぶどう畑を、今年のぶどうのできをチェックしながら散策。(注:自分の畑ではありません!!)
レザンLeysinから登山電車で降りたこの町はワインの産地です。

我が家のワイン事情我が家のワイン事情

黒はピノ・ノアール、白はシャルドネ。

エーグルワインはさっぱりとした軽い飲み口の白ワインが美味しい!!
エーグルのある同じボー州では、世界遺産のLavauxラボー地区のぶどう畑で生産されるサンサフランやルトリーなどが有名。
お隣のバレー州では赤ではドール、白ではファンダンが定番。
フランスワインのように長期熟成するものは少ないのか、作ったらすぐ飲んじゃうスイス人。
そういえば、日本のレストランやワインショップでスイスワインを見たことがないかも…。自分たちで全部飲んじゃうのかなあ~。






Comment:2  Trackback:0
2012
09.04

山のレストラン

Category: 未分類
山のレストラン

山歩きなんて、ホントはあまり興味ないんです!
でもこんな山岳地域に住み、子供たちも手を離れ、家には旦那だけ。
日曜日に開いているお店もなく、友達はみんな家族単位で行動するのが普通。
だとしたら、私に残されたのは、スキーと山歩きが大好きな超アウトドアな旦那に付き合って山へ出かけるという道だけなんです。
そんなこんなで、天気のいい週末には近くの山をよく歩いています。結局…。文句言いながら…。

レザンにももちろんステキなハイキングコースがありますし、お勧めの山のレストランもあるんですよ!!
このTour de Myen(2326M)にあるレストランは殆どの席が外。
夏はもちろん、冬もです。
そして、ここの名物メニューが、”クルト・オ・フロマージュ”というスイスの料理なんですが、このレストランのがスイス中で一番美味しいと言っても過言ではないと、私は思っています。
山のレストラン山のレストラン


普通のレストランでは、多分オーブンを使って焼いていると思うんですけど、ここではフライパンで作っているみたいです。
以前、一度だけ遠目で観察したことがあります。
では、その時に見たレシピを。

年季の入ったフライパンにマスタードを塗ったパンのスライスをポーンと入れる。その上に薄切りのハムを置いて、さらに薄くスライスしたチーズを乗せ、白ワインをドドッドッと回しかける。さらに生クリーム(たぶん)をドドッとかける。ふたをして火にかけて蒸し焼きにする。チーズが溶けたらお皿に取り出し、別に焼いておいた半熟目玉焼きを上に乗せて、パプリカをたっぷりかける。できあがり!!

これだけなんですけど、チーズに秘密があるのか、同じ味はなかなか再現できません。
でも、ホントに美味しいです。
あと、MyrtilleのタルトとFramboiseのタルト、これもかなりイケてます。今回は残念ながらもう食べれなくて、写真が撮れませんでした。どうしても見たい方がいらっしゃいましたら、コメント下さい。昔の写真を捜してみます(笑)

このレストランには車では来れないので、なかなかここの料理にはありつけません。
それに1年中やっているわけではなく、夏と冬のスキーシーズンだけで、今夏も9月の20日で閉まって、また12月の半ばにオープンするそうです。
スイスらしい山のレストラン。
今度は冬のスキーシーズンかな…?

山のレストラン山のレストラン
山のレストラン山のレストラン




Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。