2013
04.28

スイスの首都、ベルン

Category: 未分類
スイスの首都はジュネーブ、と思ってる人、けっこういます。
もしくはチューリッヒ、と。
確かに、ベルンに来ると、あれ!?って思ってしまうほど、こじんまりとしています。
家からは、車で1時間半程なので、来易い観光スポットです。
今回は娘と2人で、出かけることにしました。

パーキングに車を入れて、
まずは熊公園。
ベルン ベルン

以前はホントに大きな穴(?)に熊が飼育されてるような感じだったけれど、
最近改修されて、川沿いの場所に移って熊も幸せそうでした。
それでも、ただ数頭の熊がいるだけな感じで、ガイドブックに載る程のこともないような…。
熊はベルン州のマークにもなっているし、ベルンという名前の語源も熊なんだそうです。
だからなんでしょうか。
ちなみにここはドイツ語圏。
私達が住んでいるボー州はフランス語圏なので、
フランスに出かけるより、ボーダーラインを感じてしまいます。

そして、アーレ川沿いを歩いて、時計台へ。
ベルンのシンボルです。
P3120021.jpg

ベルンの旧市街はユネスコの世界遺産に登録されてい…、あれれれ…
このフレーズ、フランスのリヨンの時も使いましたね〜。
ヨーロッパの町並みはどこも歴史があって、古くて奇麗ですね!!

そして、国会議事堂です。
ベルン ベルン

それから行ったのは、アインシュタインハウス。
ドイツ生まれのユダヤ人、スイスに移り住んで、スイス国籍も取得している。
ベルンにはアインシュタインミュージアムとアインシュタインハウスがあって、
ハウスの方は、実際に彼が住んでいた場所に、部屋や調度品なども残されていました。
ベルンのメインストリートに面したいい場所にあって、
見過ごしてしまいそうな入り口から入って、狭い階段を登った部屋は、
今でも誰かすんでいそうなほど奇麗に管理されていてびっくり。
天才物理学者が住んでいた部屋って、もっと研究室的な、雑然としたイメージ(勝手な私の…)
でしたが…、家族も住んでいたんですしね。
ここで、相対性理論を考えたのかなあ…。
こんな街の中の一等地で…。

ベルン ベルン

それから、お天気につられて街を散策。
大きなチェスをやっているおじさんたちを見たり、マーケットを覗いたり、
のどかな春の1日でした。

ベルン ベルン






スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
04.17

Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット

Category: 未分類
Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット

まだまだ終らなかった、リヨントリップ Part 3 。
ランチで食べた生牡蠣のこと。

グルメの街で有名でもあるリヨンですが、その名を世界に轟かせたシェフ、ポールボキューズ。
その名にちなんで名付けられたリヨンの中央市場、ポールボキューズ。
肉、魚介、チーズ、パン、お菓子、たくさんの食材が並べられているスタンド。
売り子さんに、お客さん、また、そこで食べることもできるスタンドもあって、活気に溢れていました。

せっかくフランスまで来たので、是非 生ものを食べて帰りたい!!
(スイス、特に山岳部のレザンに住む私達は、生の魚介類に飢えているんです!)
ということで、帰路に着く前のランチをここですることにしました。
ここで私達が目指したのは、生牡蠣と白ワイン。

オーダーしたのは、
Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット
形の違う2種の生牡蠣、
自然の塩味が結構効いていて、日本のものより、塩気がきつくてワイルドな味でした。
レモンをかけて、白ワインと一緒に…

Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット
エスカルゴ。
バターたっぷりの緑のソースをかけて焼いてあります。
これまた

P3030101.jpg P3030098.jpg

付いてきたのは、パンとレモンだけでした。
他の魚介もあったけれど、生牡蠣を食べてる人を本当にたくさん見かけました。
フランス人、大好きなんでしょうねえ。
白ワインに合いますからねえ。

そして、
フランスの国境を越えたならば、必ず寄りたいスーパーマーケット!!
ワインやチーズの品揃えは、やっぱり充実しています。
輸出用のワインは防腐剤等が入ってしまうので、地元のワインが美味しいんだそうです。
フランスワインが美味しい状態で買えるってことです。
しかも割安で。

Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット
乳製品、チーズの種類もスイスより豊富です。 魚も新鮮そう。

Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット Lyon part3 牡蠣とスーパーマーケット
ヨーグルトのコーナーもどこまでも続く感じ。 ワインも充実。

盛りだくさんの1泊2日のリヨントリップもこうして幕を閉じました。
リヨンは以前はフランス第2の都市と言われていたんですけど、
最近は第3に格下げになってしまったようなんです。
何が基準になっているのか分かりませんが、
第1は文句無しのぶっちぎりでパリ。
それでは第2はどこかと言うと、マルセイユだそうです。
がんばれ〜〜リヨン!!

Comment:0  Trackback:0
2013
04.02

Lyon part2 ペルージュ

Category: 未分類
今回のリヨントリップ、宿泊したのはリヨン市内ではなく、
車で30分程離れたところにある、小さな、小さな町ペルージュ(Perouges)。
小高い丘の上にある、ホントに小さな村。
30分あれば1周できてしまいます。
フランスで最も美しい村の1つに挙げられているいるそうです。

Lyon part2 ペルージュ

城壁に囲まれた石畳の村。
ここを訪れるのも2回目。
以前主人と2人で来た時は、こんな小さな村に大きな観光バスが来て、
それが日本人ツアーでした。
バスは30分くらい停まって、お客さんは街を散歩していましたけれど、
その後、あっという間に走り去って行っちゃいました。

Lyon part2 ペルージュ

確かに奇麗ですけど、2度来る人はいないかもしれませんね。
でも、ここにある1件のB&B、すごく安くて、お部屋もかわいいので、
気に入ってたんです。
村には、このB&Bに他に ホテル1軒、パン屋さん1件、レストラン3件、
お土産物屋さん2件、アンティークショップ1件…というくらい。
それと、レストランも観光地化されていない感じで、とてもいい!!
村の家族経営の感じのレストランで、
私はリオンの名物料理の1つクネル(quenelle)を食べました。

Lyon part2 ペルージュ Lyon part2 ペルージュ

クネルは白身の魚をスリミにして、蒸したはんぺんのような、というかまさしくはんぺん!!
これをソースで食べます。

右の写真は B&Bの朝食、手前のピザのようなのが、ガレット。
やはりこの辺りの名物で、お砂糖をまぶして焼いた物です。

Lyon part2 ペルージュ

中世にタイムスリップしたみたいです。
その辺りから、鎧を着たナイトが出てきそうです。
映画「三銃士」をはじめ、数々の時代劇・映画のロケ地となっている、
ということです。
今回始めて来た娘の感想は、
ディズニーランドのアトラクションみたい!!…でした。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top