2013
08.25

ボンジョ〜ルノ イタ〜リア! (フィレンツェ編)

Category: 未分類
ボンジョ〜ルノ イタ〜リア

夏の最後を飾るバカンスはイタリアになりました。
そして、イタリアはフィレンツェとシエナ、2つの古都。
特にフィレンツェはずーっと行きたかった憧れの街。
中世の雰囲気が漂う、芸術の街、世界的な観光地、花の都フィレンツェ
そして、その世界的観光地であるが故に、もうあっちでもこっちでも長い列、行列に並ばなければならないはめに…。日本だけではありませんね、行列

車で約6時間、途中お昼を食べたり、休憩を入れて、約7時間くらいで到着できました。

無事に着いたものの、フィレンツェ中心部は狭くて、人が多い道に一方通行だらけで、ホテルに行くまでに、なんと一方通行の道をぶっちぎって辿り着きました。しょうがなかったんです。この一方通行守ってたらホテルに着かなかったと思われます!! 何とか誰にもとがめられずにホテルに入りました。
その後、滞在中車はホテルの提携パーキングに入れてもらって、自分では自由に出し入れできないシステム。
1日26ユーロ、3日間で72ユーロ、でした。
都会って、ホントたいへん!!


今回のホテルですが、市内中心部、ベッキオ橋(フィレンツェで一番古い)のすぐ近くで、いい場所でした。
でもこのホテル、すごく良かったのは、大きい建物ではなかったんですけど塔の様になっていて、一番上まで登ると街が一望できるテラスバーがあること。

ボンジョ〜ルノ イタ〜リア ボンジョ〜ルノ イタ〜リア
サンセット、そして日が落ちて涼しくなったテラスで、景色を見ながらイタリアワインを飲むなんて、ホント最高でした。
テラスから見た風景です。



ボンジョ〜ルノ イタ〜リア ボンジョ〜ルノ イタ〜リア
ベッキオ橋の川沿いにあるカフェでは、メニューにアイスコーヒー発見! スイスでは見たことありませんから。ちょっとカプチーノのアイス版!?
それにおつまみがやたらにたくさん付いてきた!!
到着そうそう橋が見えるリバーサイドでのサイコーの眺めに、気分もだんだん盛り上がってきました〜。



翌日、まずはドウーモへ。
ボンジョ〜ルノ イタ〜リア


行ってみたら、すごい人でびっくり
どこを見るのにも長い行列とチケットが必要。
さすがにドーモの中に入るのにも並ぶなんて、夢にも思わなかったです。
とりあえず並んだけれど、2本列があるのはなんで…?
カテドラルの中に入るつもりで並んだ列はクーポラ(カテドラルの塔の部分)に登るための列で、しかもチケットが必要。慌てて1人が買いに走りました。
1時間並び、そして464段登って、遂に頂上へ。
素晴らしい眺めでした!! お天気もサイコーでしたし。

ボンジョ〜ルノ イタ〜リア ボンジョ〜ルノ イタ〜リア
こんな階段を登って、頂上へ!
ボンジョ〜ルノ イタ〜リア
クーポラ頂上からの眺め


そして、絶対に行きたかったウフィッツィー美術館。
でも、これもかなりの行列を並ばなければならないことは必至。
そこでネットで予約をしました。予約希望時間を大幅に変えられたけど…。
美術の教科書に出てくるような絵ばかりで、感動しました。
写真撮影はできませんでしたので、ちょっと画集から。

ボンジョ〜ルノ イタ〜リア ボンジョ〜ルノ イタ〜リア
ボッティチェッリの春/ピエロ・デッラの公爵夫妻の肖像
2人ともトスカーナ出身のルネッサンスを代表する画家です。


アカデミア美術館ではダビデ像も見れました。
1周して、ダビデのお尻も見てきましたよ!なかなか見れないでしょ?
写真は撮れませんでした。


有名な所はもちろん素晴らしいです。
でも今回、ふと入ったあまり大きくないサン・スピリト教会が印象に残りました。
ガイドブックには書いてなかった(そもそも古〜いガイドブックだったので)のですが、
18才のミケランジェロが作った木製の十字架像がありました。
ちょっと感動してしまいました。
フィリッポ・リッポの聖母も何気なく飾られていて、
たくさんある教会の何処にも、びっくりするような美術的価値のあるものが置いてある…
それが歴史ある街なんですね。

ボンジョ〜ルノ イタ〜リア ボンジョ〜ルノ イタ〜リア
ボンジョ〜ルノ イタ〜リア

次回はレストラン編で〜す。















スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
08.13

ジュネーブ祭り 花火ーーー!!

Category: 未分類
ジュネーブ花火大会

暑い日本を脱出して、8月のスイス
に帰ってきました。
皆さん、ごめんなさい。私だけ…。
そして、心より残暑お見舞い申し上げます。
梅雨明け後の暑かった頃は私も日本にいましたが、今年の8月の暑さは尋常ではないですね。

スイスは、特にレザンは避暑地なので快適です。
重ね重ね、ごめんなさい…。
日差しは暑くても、空気が乾燥しているので日本のような蒸し暑さはなく、
木陰に入れば、爽やか〜です。
家の中も快適です。どこの家にもエアコンなんてありませんから。

そんなスイスでも、夏はやっぱりお祭りなんですね。
毎年8月はだいたい日本にいるので、今年はスイスでちょっと特別に過ごせます。
レマン湖上で毎年行われるジュネーブの花火、初めて見に行きました。

打ち上げ場所から少し離れた桟橋に集合して、船ですぐ近くまで連れて行ってもらいます。
この集合場所辺りからも花火を待って、大勢の人が芝生にシートを広げて、バーベキューをしたり、ワインやビールを片手に何やらいろいろ持ち寄って食べたり、楽しそうです。

ジュネーブ花火大会 ジュネーブ花火大会

私達はここから船でさらに絶好のビューポイントへ。
途中の眺めも最高、水上は涼しい。

ジュネーブ花火大会 ジュネーブ花火大会


船の中から見てもOKですが、屋形船的なものではなくて椅子が並んでいるだけの船でした。
船を降りた所にスペースを用意してもらっていたので、そこから見ることにしました。
この船の企画はJapan Club Genevaさんで、こんなすごい企画を考えるのってやっぱり日本人だけなんじゃないかしら。
本当にありがとうございます!!

花火の写真が上手く撮れなかったので、
ムービーにしてみました。
下からアクセスしてみて下さい。
後半部分が奇麗なので、是非最後まで見て下さい。

日本の花火とはまたちょっと違った雰囲気でした。
全体がアートになっていて、すべてプログラムされている感じです。
コンピューターで音楽に合わせて、何本もの花火がデザインされて、同時に打ち上げられています。


[広告] VPS



Comment:2  Trackback:0
back-to-top