2014
04.06

行者にんにく…って知ってますか?

Category: 未分類
行者ニンニク

春になって、いろいろな緑が出てきていますが、これもその1つ。食べられる山菜です。
”行者にんにく”、フランス語では ail d'oursアイユデュウースと言います。
ailはにんにく、oursは熊、クマニンニク!?
私はスイスに来て、ここで初めて知りましたが、日本でも北海道などの山菜として、知られているようです。
朝市などのマーケットでは季節になるとよく見ます。
スイス人の友達マドレーヌが教えてくれました。
そして行者ニンニク摘みの穴場と言っても良いような場所まで教えてくれたので、
この時期になると採りに行くのが、年中行事になっています。

いつも下の町に行く時に車で遠っている道を少し外れたところにあるその場所は、
こんなのどかな道を走ったところにあります。
家も数件しかなくて、ホントに静か。
pont de la tineポンデュラティンヌ、

行者ニンニク 行者ニンニク

突然工場らしき建物が出現。その裏側には山の上から繋がっている太いパイプが。
急な山の傾斜を利用した水力発電所なんです。
建物の裏側にパイプが通っているのわかりますか?

行者ニンニク

パイプはこんな感じになっています。
建物の中で発電機を動かしています。

行者ニンニク 行者ニンニク

ここを更に進んで行くと、
今度は森のようなところへ出ます。
片側の斜面には一面に行者ニンニクが生えています。
道の少し上なので、しゃがんだりしなくても、楽な態勢で摘めるし、
ホント良い場所!!一面、そうです!!
ちょっと日陰で、近くに川が流れてたりする湿気のある場所が適しているのでしょうか。

行者ニンニク 行者ニンニク

ニンニクと言うだけあって、かなり臭いです。
私はニラの様にして食べます。
スイスではニラは売っていないので、それの代わり。
にらたまとか、餃子に入れたりとか、お肉と炒めたり、みそ汁に入れたり、です。
こちら風には、バジルペースト(ジェノベーゼ)を作るようにしてペースト状にして、スパゲティーと和えたり、
魚のムニエルに添えたりしてもおいしいです。
サラダでも食べるみたい、というかサラダが一番ポピュラーな食べ方のようです。
私はサラダは、ちょっと苦くて苦手…。
アリシンがニンニク以上に多く含まれていて、高血圧などに良いそうです。

右側の写真は、フキです、
細いんですけど、フキです。きゃらぶきになるかな、と思って一緒に摘んでみました。

行者ニンニク 行者ニンニク

スズランの葉に似ているので、間違えないでね、ってマドレーヌには何度も言われました。
スズランの葉は毒があるので。
また、食べた後はニンニク同様、口臭には要注意です




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top