FC2ブログ
2015
02.09

今晩のメニューはラクレットです!

Category: 未分類
ラクレット

日本から帰って来ると、チーズ料理が食べたくなります。
私もいよいよスイス人に近づいてきたのか…!!??
…2ヶ月ぶりなので、単に久しぶりなのと、料理するのが面倒だった、ということなんですけどね。
ということで、今晩はラクレットになりました。

チーズフォンデュと並んで、スイスの有名なチーズ料理のラクレットです。
ラクレットはチーズの名前。それぞれの地域で味わいが違ったり、またはヤギのミルクを使ったものもあります。

チーズフォンデュは有名ですけど、ラクレットは以外と知らない方多いかもしれません。
日本ではなかなか売っているのを見かけません。
チーズ専門店とか、デパートの地下のチーズコーナーとかでないと、扱っていません。
でも、このチーズ、とっても美味しい!!
今までスイスに遊びに来てくれた友達や親戚は、ほぼ100%このチーズの虜に!
そのお陰で、私は日本に帰る度に、このラクレットチーズを幾つもスーツケースに忍ばせて帰ります。
ラクレットチーズ親善大使に任命されてもいいくらいです、ホントに。
トーストの上に載せてトースターで焼いてもおいしい〜〜。もちろんグラタンなどの料理にも使えます。

用意するものはラクレットマシン、
ラクレット

食材としては ジャガイモ、ラクレットチーズ、が必須。
ラクレット ラクレット

ジャガイモは小粒のもの。ラクレットと書かれたジャガイモのパックも売ってるくらいです。でも、大きくてもカットして食べるのですから問題ありません。予め茹でておきます。

ラクレットチーズは3ミリくらいの暑さにスライスしておきます。スライスしたものが売っていますが、ブロックで買うと奇麗にカットするのが、難しい。力も要るので。今日は人数少ないので、カットしたのを買ってきました。
チーズ屋さんで買うと、マシーンでカットしてくれます。

後はお好みで、ペッパー、白ワイン、…です。
ペッパーはブラックペッパーか、ラクレット用のものもあります。パプリカが効いた感じのいい香りのものです。
白ワインはチーズの消化を助けることと、このチーズとの相性もばっちりなので、是非ご一緒に。
飲めない方は、暖かい飲み物を。冷たい飲み物と食べるとお腹が痛くなるということなので。
今日はサラダを一緒に用意しました。
後はチーズを焼くだけです。

ラクレット ラクレット

チーズ1枚を専用の小さなお皿に乗せて、マシーンの中に。電気で暖められて、トロ〜リとなったところを専用のへらを使ってジャガイモの上にかけて、ペッパーを好みでかけて、熱々のところをいただきま〜す。

ラクレット ラクレット

スイスの料理って、フォンデュにしてもラクレットにしても、シンプルです。
お客さんの時、とても助かるこの料理。
絶対にスイスの各家庭に1台はあるんじゃないかな。

このマシンは家庭用の簡単なもので、本来は、さらに原始的なんです。
半月系の大きなままのチーズの断面を暖めて、焼けてとろけたところをこそぎ落として、ジャガイモにかける。
下の写真はどこかのお祭りでやっていたラクレットの風景です。
ちょっと焦げた感じでとろけるチーズが、おいしそう〜じゃないですかあ。
レストランのメニューにもありますが、この方法でやっているところは、必ず1人サーブする人が付かなければならないので、ある程度人数がまとまらないとオーダーできないこともあります。
スイスに来たら、是非食べてみて下さいね。

ラクレット

友達は、へらとチーズを買って帰り、フライパンでやってるよ、って言ってました。
ナイスアイディア

ラクレットの後は、部屋がチーズ臭くなるのが、ちょっと困りますけど…。
簡単で美味しいには替えられないので、我慢します!




スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
back-to-top