2015
08.10

山で聞くアルプホルンの音色はやっぱりサイコー

Category: 未分類

アルプホルン

日曜日の11時に山でアルプホルンの演奏があると聞いて、行ってみました。
昨日までのピカピカの天気が、打って変わって今日は雨が降ったり止んだり。
ちょっと生憎でしたが、ちょうど雨の合間があって、ラッキーでした!!

11時って聞いていたのに、時間に行ったら、やる様子もなくて、まばらなお客さん達がいるだけ。
近くのレストランの人に聞いてみたけど、
”全く知らない、誰か二日酔いで遅刻したんじゃないの”、、、って。

お茶しながら、待つということもなく、待っていたら、来た来た来た!!!
本当にこんなもんだ、スイス人。

[広告] VPS


町の中でも時々聞くことがありますが、やっぱり山の上で聞く方が感動します。
音が山に響き渡る感じなど、一味も2味も違う気がします。

スイスを代表する金管楽器ですが、音階を変える音孔も無ければ、スライドもない。
吹き方だけで音階を作っているそうなんです。
すごく以前、一度だけ吹かせてもらったことがありますが、音を出すのも難しかった。
民族衣装を着て、吹いている雰囲気は本当にスイスな感じですよねえ〜。
ちなみに3パーツくらいに分かれるので、持ち運びは以外とコンパクト。

今日は13本のホルンの演奏を、山の上で聞けて、ステキでした。
時折カウベルがアンサンブルして、更にスイス感を増していました。

アルプホルン アルプホルン

アルプホルン

ところで、演奏者の前に並んでいるミルク缶、、、、
とても不思議な光景なんですが、、、、
ミルク感がズラーッと並んでいて、その名も”国境を越えたミルク缶”Bidons Sans Frontière
Land Artとしてスイス人の写真家が始めたプロジェクトだそうです。
ミルク缶が余っていたので、並べてみた、、、!??

アルプホルン アルプホルン



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top