--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
04.18

春のタンポポサラダ、ドンドリオ〜ンdent-de-lion

Category: 未分類
タンポポサラダ

標高1300メートルのレザンにも、春はやってきました。
いつの間にか雪が消えて、牧草地にも緑の草が伸び出してきて、
草と土の匂いがムンとして、思わず窓を全開にして深呼吸したくなります。
この後、また数回は雪に見舞われるんですけどね。
それは、置いといて、、、

先週お友達と行者ニンニクを採りに行ってきました。
行者ニンニクは ail d'ours直訳するとクマのニンニク、と呼ばれている野草。
ニラのような味わいで、スイスの方は、チーズに練りこんだり、スープにしたり、
オムレツ、スパゲティーソース、などいろいろ楽しんでいます。
以前のブログでも書いたことがあるので、よかったらもう一度どうぞ。
http://amisamis.blog.fc2.com/blog-date-201404.html

今回は、タンポポです。
春先に出てくるタンポポの若葉を、サラダで食べます。
これは、牛たちが下の町から帰ってくる前の牧草地が狙い目。
まだ花が咲いていない、新しい若葉が美味しいです。
何でもそっか、、、若いっていいね。

タンポポサラダ タンポポサラダ
タンポポ

タンポポはフランス語だとdent de lionドンドリオン、ライオンの歯、歯の縁がギザギザしてるからですね。
かわいい〜、ドンドリオンっていう響きも名前の由来も。
スーパーでも季節になると売っています。
もちろん栽培されているものです。

タンポポサラダ
カリカリベーコンのサラダにしたかったのですが、
ベーコン切らしていて、ピーマンとのサラダにしてみました

タンポポサラダ

タンポポだけではなくて、
小川に野生のクレソンも発見して、採ってみました。
これはちょっと時期が早かったようで、茎があまりの伸びていなくて、
クレソンらしくない感じですけど。
そうね、、若ければいいってことばかりでもないらしい。へへへへ
野生のクレソンは結構苦かったので、スープにしました。

タンポポサラダ タンポポサラダ
クレソン

すいば(酸葉)も出ていました。
酸っぱいので、酸葉すいば、、、と名付けられたんですって。
帰って、調べてみたら、なんと英語ではフレンチソレルFrench Sorrelという名前らしいです。
和名ではすいばの他にスカンポとも呼ばれるようです。
”淡白だが酸味のある葉をサラダやスープ、オムレツ、ソテーにして食べる。
葉にはビタミン類が含まれており、利尿効果がある。”
っていう解説。
ジャムにもできるみたいです。酸っぱいし、ジャムになるなんてルバブみたいです。仲間かも。

試しにくるみ味噌で和えてみました。後、味噌汁で。
日本でもそこらへんに生えてるみたいです。

タンポポサラダ タンポポサラダ
すいば

ふきの花も見つけちゃいました。

タンポポサラダ
ふきの花

これはもう食べられないけど、
こうなる前のふきのとう、2週間ほど前にちゃんとゲットしててんぷらにして頂きましたよ。

タンポポサラダ タンポポサラダ
ふきのとう        

さらに言うと、この後の成長した後の茎は、日本のように太くはならないんですけど、
細いのを採って、去年はきゃらぶきに煮たら美味しかったです。

って、どんだけ野生人なんでしょうか、、、
そのうちへんなもの摘んでお腹こわすかも。








スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
04.03

クルト フロマージュ やっぱり美味しい〜ヽ(≧▽≦)ノ

Category: 未分類
クルトマイヤン

スイスLeysinレザンにある山のレストラン。Refuge de Mayen レフュジ ド マイヤン。
このレストランのクルトフロマージュがサイコーに美味しいんです。
夏の7〜9月、冬は12〜4月上旬の期間のみ開いています。
夏はハイカーが、冬はもちろんスキーヤーが、ここで身体を休めつつ、腹ごしらえします。

croûte au fromage クルト オ フロマージュはスイスやフランスのサヴォア地域の有名なチーズ料理。
パンの上に白ワイン、チーズ、ハムを乗せて焼き、その上に目玉焼き、そしてパプリカを豪快に振ったものです。
一般的には、レストランではオーブンで焼いていますけど、
この山のレストランでは、フライパンで作っています。
そして、生クリームを使ってクリーミーにしているところが、ミソ、なのだと長年食べて気がつきました。
(1回食べれば、すぐわかるんですけど、、、)
なので、croûte Mayen クルト マイヤンと呼ばれて、大人気メニューなんです。

クルトマイヤン

フライパンにパン1切れを入れ、ワインと生クリームとを振りそそぎ(それもかなりたくさん)、
ハムとチーズを乗せてから蓋をしてチーズが溶けるまで蒸し焼きにします。
そこに、あらかじめ焼いておいた目玉焼きを乗せ、パプリカをかける。
レシピは概ねこんな感じです。

でもそこは、チーズが何のチーズ、、?という企業秘密(、、?)もあって、
やはり何か一味も二味も違う美味しさ。
山で食べるってこともあるのでしょうかね。

ここは小さなレストランで、殆どのテーブルは外です。
室内でも食べれますが、
雨や雪の日以外は、外のテーブルがやっぱり人気。
ヨーロッパの人は本当にお日様が好きなんだなあ、って思います。
ここに限ったことではないのですけれど。特に山ではそうですよね。
納得はできますが、
日本人、特に女性は、やっぱり日焼け等、気になるじゃないですか。

クルトマイヤン クルトマイヤン

この冬のシーズンは、この料理食べるのも今日が最初で最期となりました。
シーズン中一回は来たいと思うのですが、
最近は体力的に午前中だけ滑れば、もう十分な感じで、
朝から滑っていると、お昼は家で食べることが多くて、
なかなかレストランで食べる機会も少ないです。

今度の週末で、ピストも閉まるそうで、
このレストランの営業もおしまいです。
基本的にご夫婦2人だけでやっていて、多分シーズン中は休みなしてやっていた思うので、
本当にお疲れ様。
次は夏のシーズンですね。待ち遠しい。

レストランの入り口の家畜小屋も、(夏には動物がいっぱいいます。)
まだまだ雪に埋もれているのに、
ピスト閉まっちゃうなんて、寂し〜!!

クルトマイヤン クルトマイヤン

4年前の夏にもこのレストランについて書いております。
よろしかったら、夏のレフュジ ド マイヤンも見てみて下さい。
http://amisamis.blog.fc2.com/blog-entry-4.html








Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。