2017
04.02

春のポルトガル旅行〜with my son

Category: 未分類
ポルトガル

春、例年この時期、夫が日本に出張中にアクセサリーの買い付けも兼ねて一人旅をします。
今年は、ちょっとびっくりな、思いがけないことに!!息子と2人での旅となりました!!!
4月からは社会人となるので、よく大きく(立派にではなく)育てたものだ、と少ししみじみしながらの、
私の子育て卒業旅行です!!

行き先は、ポルトガル。
やっぱり、スイスよりは暖かそうなところを選んでしまいます。
早春のポルトガル、なんか明るくて、暖かそ〜では、ありませんか。
飛行機でポルトに入り、そこからリスボンへ向かうとして、途中はどこに行くかは気分で決めることにしました。
一人旅では、こんな大胆なことはできませんが、今回の同行者は筋金入りのバックパッカーですから、その点は安心。
私も、本気でバックパックで行こうかと思ってました(笑)

ポルトガル ポルトガル

ホテルのすぐ裏が市場でした。新鮮そうなお魚や野菜がいっぱい。買って帰れなくて、残念。
最寄りのサン・ベントの駅、タイル張りの壁がいかにもポルト。

ポルトはポルトガル第2の都市だけど、意外とこじんまりしていて、徒歩で観光ポイントは全て回れました。
そしてポートワインで有名。
受け売りですけど、
ポートワインとは、
まだ糖分が残っている発酵途中に、アルコール度数77度のブランデーを加えて酵母の働きを止めて作るワイン。
あの独特の甘みとコクはそうやって作られているんです。
ワイナリーの見学もできました。説明と赤白2杯のテイスティング付きで6ユーロ。
英語の説明はよくわからなかったけど、ワイン甘くて、美味しかった〜。
もっとトロ〜リとしてるかと思ったら、意外と普通のさらっとした飲み口でした。でも甘みはしっかり。

ポルトガル ポルトガル

他にポルトで、印象に残った観光ポイント、
それは本屋さん「レロ・エ・イルマオン」。1869年に創業、1906年から現在の場所で営業している老舗の書店で、イギリスのガーディアン紙が選ぶ「世界一美しい本屋さん 」で第3位に選ばれています。
ハリー・ポッターシリーズの原作者、J・Kローリングが英語教師としてポルトに赴任していた頃、この書店がハリー・ポッターの世界観に影響を与えたのではないか、とも言われていてる本屋さん。
なので、今や、ハリー・ポッターファンのお客さんで、店内いっぱい。いつでも混んでるようです。
朝一番で行くのが、オススメらしいです。
入場料(4ユーロ)が必要なのには、ちょっとびっくり!!でも、そこで本を買うと、その分引いてくれるんですけど。
よっぽど、来客数ばかりが増えて困ったんでしょうね。

でも、やはり、一歩中に入ると、おっ〜!!てなります。
素敵です!!

ポルトガル ポルトガル

ポルトガル ポルトガル

それから、バスでリスボンに向かうことにしていたので、
ちょうどその中間くらいに位置するナザレという海辺の町に1泊することにしました。
少し前までは、あまり知られていなかったらしいですが、大西洋からの風が、山のようなビッグウェーブを生み出し押し寄せるため、
近年では多くのサーファー達がその巨大な波を目当てに集まるようになったんだそうです。
サーフィンの大会も開催されるんですって。
でも、本当に小さな町。
ポルトとリスボンの間の一日をのんびり海を見ながら過ごそうかなあ〜くらいの適当な感じで立ち寄りました。
当日はすっごい風!!その日が特にではないのかもしれないんですけど、本当に強い風が吹いていて、昨日までのポルトの温かい日差しが、冬に逆戻りしたように寒かった!!

ポルトガル

町からロープウェイで上がった切り立った崖の上の古い教会にある、4世紀にイスラエルのナザレから運ばれて来たマリア像、それに興味がそそられました。それで、ナザレという名前になったんですね。
1ユーロ払うと、すぐ近くまで行って見ることができました。

ポルトガル ポルトガル

この町は民族衣装のおばさんが普通に歩いていて、楽しかった。
特に晴れ着、とかいうことでは無くて、普段着として、日常に着ているみたい。
ハイソックスに何枚もの重ね着スカート。かわいい!!
ちょっと、盗撮さてもらっちゃいました、ごめんなさい。

ポルトガル

それから、最後の目的地、リスボンへ、さらにバスで。
リスボンは、あまりにも有名ですし、大都会でした。
観光スポットは回ったし、トラムにも乗ったし、パステル・デ・ナダ(名物のクリームタルト)とバカリャウ(干し鱈)の料理も食べたし、
トラムにも乗った。
ミッションはコンプリート。
考えてみると、ってみなくても、私も息子もリスボンは2度目。
息子は小さかったので、全く記憶にないし、私は、何故かあまり印象に残っていないのです。
で再訪となったのですが、、、今回は抜け目なく、大きな蚤の市があるとチェック済み!!イエ〜イ!!

ポルトガル

フェラデラーダの蚤の市、毎週火曜と土曜に開催されているようですが、
すっごく大きな市でした。
アクセサリーを専門で売っているマダムのお店を見つけたんですが、その店、いつも人がいて、マダムがなかなか捕まらない。
素敵なものいっぱい持ってる。
粘って、買ったのを、ちょっと見せちゃいますね。
息子にも見せてあげたのに、”わっかんね〜”、、、見せなきゃよかったあ、、、
私は数は少ないけど、大満足の買い付けができました。
そのうち、ショップに登場致します。乞うご期待!!

ポルトガル ポルトガル

その足で、最後の目的地はロカ岬。
ユーラシア大陸最西端。
海の先に何も見えなかった!!日本だと、伊豆半島見えたり、房総半島見えたり、、、
でも、ここは広〜い海がずっと続いて、果てがない感じ。寂しいくらい。

ポルトガル ポルトガル

おっと、食事についてですが、
言わずもがな、ポルトガル、シーフードがサイコーでした。
そして安い。
魚嫌いの息子が、うまそーに食べていた(笑)

ポルトガル ポルトガル

ポルトガル ポルトガル

ポルトガル ポルトガル

最後に、帰りの空港で、お土産に買った、サーディンの缶詰とイベリコ豚のパテ、没収されました。
料金ケチって機内預け荷物にしなかったので、セキュリティーチェックでやっぱり見つかってしまいkました。
ちょっと予想はしてはいましたけど、、、厳しいんだね
息子よ、人生には、いろいろ厳しいことも起こるけど、これからも頑張ってな!!





スポンサーサイト
Comment:3  Trackback:0
back-to-top