FC2ブログ
2017
05.02

今度はミラノへ〜♪with my daughter

Category: 未分類
milano

息子が日本へと旅立ったと思ったら、突然の嵐のように、今度は東京で働いている娘がやって来た!!
こちらは、すでに社会人4年目、長期休暇が叶ったらしい。
それにしても、前日にフライトチケットを買って、飛んでくるという、、、我が娘ながらあっぱれ!!

1週間、スイスで過ごすということで、目標はactiveに過ごすんだそうで。
着いた翌日は隣町の標高3000メートルのスキー場で、スキー。
その翌日は、レマン湖畔サイクリング。

そして、せっかくなので、どこか近いところへ旅行しようということになり、
暇な母(私ですが、、)とミラノへのトリップ。
ミラノはレザンからは、頑張れば日帰りもできるくらいの距離ですが、
でも、美味しいもでもゆっくり食べようと1泊することになりました〜

朝6時51分の最寄りの駅レザンvillage発の電車で出発して、
途中ブリーグでEC(ユーロシティ)に乗り換えて、10時37分にミラノcentraleに到着。
イースターホリデイなので、ECは満席状態。
これも2日前に取ったので、娘とは車両も違う別々の指定席になってしまいましたが、
4人掛けのボックスシート、乗り合わせたのが、なんと日本人の女性!!
40代くらいかな、、、ローザンヌからイタリア人のお友達と、日帰りショッピングに来たんだそうです。
楽しくおしゃべりできて、あっという間でした。もちろん日本語で。

ホテルはミラノcentrale駅から、徒歩で数分。荷物を預けて、まずはやっぱりドゥオモ。

milano

何度か来てるけど、何故かドゥオモの中に入ったことがなかったので、
今回はしっかりと見学することにしました。
しかし、チケット買うのに整理券を渡されて、待つこと50分。
後から、自動券売機で買えば、整理券を取る必要がないことに気が付いたのですけど、
(それでも長い列を並ばなければならないけど)
最初に言って欲しかったわ〜。
整理券があったので、近くを散策して過ごすことはできて、それは良かったです。

milano milano

屋上にも登りました。エレベーター代4ユーロは、今晩の摂取カロリーも考えて、節約!
それでも徒歩で登った屋上はなかなか楽しかったです。
途中、金銀細工が施された135本の尖塔や、柱や壁の彫刻が間近で見れて、
それは素晴らしかったです。圧倒されました。
屋上は結構広かったので、ゴロリと日向ぼっこをしてる人もいたりして。
ゆっくりミラノの街を眺めることもできました。

milano

最も高い尖塔の上の黄金のマリア像も近くで見れましたよ。

milano

夜は、サルディーニャ料理のレストラン、バイアキアを予約してありました。
サルディーニャはイタリアの西にある島で、
イタリアはもとよりですけど、古代からアラブとか北アフリカの影響を受けて、発展したきたサルディーニャ料理。
豊富な海産物を使っていて、すごく日本人好みの料理だと思います。
以前ミラノを訪れた時にもサルディーニャ料理のレストランに入って、そこで出会ったカラスミのパスタ、
もう一度食べたい!!との思いからのチョイスです。

家族でやってる感じのこじんまりしたレストラン。

milano

アントレは盛り合わせで頼んだら、ムール貝、小魚とイカのフリット、ホタテの香草パン粉焼き、海老を使った料理、
2人分からってなってましたけど、それぞれが大きなお皿で出てきて、すごいボリューム。
あ〜、こんなに食べれない〜、と思ったものの、ぜんぜんペロリ。
父さん好きだろうね〜、こういうの、、、ごめんね、父さん。写真くらい送っとこっか。

パスタは、もちろんカラスミのパスタ。
日本のカラスミに相当する、魚の卵巣の加工品ボッタルガが、世界的に有名なんだそうです。
さっぱりしていて、しっかりした味わい。幸せ幸せ。

milano milano

海産物で有名ですけど、島では、牧畜される羊の数がイタリアで一番多いこともあって、
羊肉などの方が、好まれているらしいです。
お肉のメニューもいっぱいあって、、、迷ったけど、羊じゃなくてビーフで、ローストをたくさんのルッコラでサラダ仕立てにしたもの。
デザートは、お腹いっぱいだったけど、別腹ってやつで、
というか、あんまり周りのお客さんがみなさん注文していたので、つられて、、、チョコレートケーキ。
濃厚で、美味しかった!!
2人でワインも1本飲んじゃったし、
やっぱり1泊してよかったです

milano milano

翌日は、娘の希望のもう一つのメインイベント。
”最後の晩餐”を見る。
実は私は3回目。娘も2回目。
でも、小さかった娘は、全く記憶に無し。
予約なしで、当日少し並んだだけでチケットが買えたその当時、やっと入れた部屋の中で、
『お母さ〜ん、この絵見るのに並んでたの〜?』その声が、それはそれはよく部屋中に響き渡り、日本の方も多くいたので、
ちょっと肩身が狭くなったことを、よお〜く憶えています。未だに忘れられず、よく話すエピソードです。
前日に諦めかけたところでネットで買えたチケットは朝8時15分、、、朝一番の時間(グループ別に15分づつ鑑賞)でした。

milano milano

今回も同じ回には日本人が多くいて、その人気の高さにはびっくりです。
そう言えば、前日ユーロシティーで乗り合わせたイタリア人の女性は、見たことないって言ってましたっけ。

その後に行ったスフォルツェスコ城博物館の中に、最後の晩餐のコピーばかりの展示をしているところがあって、
偶然入ったのですが、古いものでは16世紀に描かれたものもありました。
本物では見にくかった細部などが、却ってはっきり見えたりして、とても面白かったです。
もちろん、本物は素敵でした。言うまでもありません。

スフォルツェスコ城博物館にはミケランジェロの未完の作品”ロンダニー二のピエタ”があります。
死の直前まで掘りつ続けていたピエタ像は、あの有名なバチカンのピエタ像とは全然違った雰囲気でした。
全盛期に作られたバチカンのピエタと違う、死を意識したミケランジェロがその老練の技で作ったピエタは、
完成していたら、どんなだったんだろう、、と思いを馳せて、誰もいないその展示室で(朝早かったので)、ゆっくり見て来ました。
心に染み渡る感じでした。

milano milano

その後、運河沿いの地域ナヴィリオに行って、ランチとジェラート
一つだけ、残念なのは、そのナヴィリオ地区、月末の日曜日には大きなブロカントがあるらしいのです。
とても大きなもので、以前から行きたいと思ってはいるのですが、月に1回では、なかなかタイミングが合わず、
今回も、無理でしたが、ドゥオモのマリア像に再訪を願うと叶うという言い伝えがあり、しっかりお願いして来たので、次回を楽しみにします。
待ってろよ、ミラノ〜!!

milano

イタリア〜ンなランチは、
リゾットとラビオリ、そしてモッツァレッラ ディ ブッファラ(水牛乳100パーセントで作られた)のカプレーゼ。
そして、ランチプレートの写真と並べるのもなんなんですが、、
息子同様、娘もこの春、また人生のターニングポイントを迎えようとしています(残念ながら結婚ではありませんけど、、)。
ちょっと今回、英語ペラペラな娘にびっくりしました。
スイス育ちなので、フランス語話してるのはよく聞いていたんですけど。
母はもはや、健康を気遣うことくらいしかできないんですが、元気でやってほしいです。

milano milano

milano milano

そして、ミラノ発18時23分発のユーロシティーで一路家路に着いたのでした。
いやいや、ドゥオモの階段登ったくらいじゃ追いつかない、、、、






スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top