2017
08.16

のどかなマーケット〜Crettazクレッタ

Category: 未分類
crettaz

レザンLeysinの入り口から、少しそれたところにクレッタCrettazとういう小さな集落があります。
15件くらいのシャレーがあるところ。
そこで、土曜日にマーケットがあると聞いて、行ってみました。
これは、ブロカントではなくて、ファーマーズマーケットのようですけど、、
クレッタには、昔、うちの子供が小さい時には、そこに住んでいたお友達のところへ、ちょこちょこ遊びに行っていたけれど、
最近はもうぜんぜん行くこともなくなっていたので、
とてもとても懐かしく、しかものどか〜な、いいお天気のマーケット日和。
少しお散歩してみました。
薪がたくさん積み上がってるお家とか、お花がきれいなお家とか、ヤギいるお家とか、、
見ているだけで楽しい、、けど人のうちだもの、あんまりじろじろ見たら失礼かな、、、

crettaz crettaz

crettaz crettaz

マーケットはこれまたのどか〜な感じ。
スイスの切り絵、はちみつ、ドライフルーツ、乾燥栗、野菜、パン、etc、、、

crettaz crettaz

crettaz crettaz

あれあれ、Lさんが何か売ってる。
何ですか〜?
KONBUCYAこんぶ茶??!!
ちょっと説明聞いてもよくわからなくて、、、日本のこんぶ茶とは全然違うモノらしい。
瓶に入っているし、、日本のはパウダー状ですよね、、?
味見させてもらったけど、説明できない感じの味???
これを元に、自分でも培養できるんだって。ヨーグルトみたいに。
健康にいいらしい、デトックスなんだって。
まあいいや、1本下さい。
一番いっぱい入ってるのあげるねって、ありがとうございます〜。

crettaz 

その隣は、ジャムとか、ホームメイドのケーキとか。
このジャム、何?
小さいの1つ買ってみよっ。D'oramges amèresって書いてある、、ダイダイのことらしい。
ダイダイのジャム、珍しいですね。こっちではそうでもないのかしら、、、
あと、チーズ売ってるところで、ヨーグルトと、その隣にハーブティー、美味しそうというかきれい。
栗のパンも珍しいね。切ってみると、こんな感じです。スイスのパン、美味しいんですよ。
さっきの乾燥した栗を戻して作ったものです。この時期ですから、フレッシュな栗パンはもう少し待ちましょう。

crettaz crettaz

crettaz crettaz

結構楽しくて、enjoyしてしまいました。
とても小さなスペースだけど、建物の絵もステキ。
建物の壁にはレザンのシンボル的3つの山が描かれている。
中央の3つ山、Aiアイ、Mayenマイヤン、Femelonファムロン、
ぶどうの樹の下で女の子が羊と一緒に山を眺めていて、
もう一枚の写真では、絵の続きで右下に男の子がタンポポの種を飛ばしてるのが、描かれています。

crettaz

その隣の建物の壁は、これまた美しい木で葺いてあるスイスの伝統的なもの。
小さな集落でも、すごくスイスや自分たちの住んでいる地域を大切にしている。
スイスらしくて、いいですねえ〜。
とある土曜日の朝の風景でした。


crettaz


P.S .このブログを見た友達が、”CONBUCYAってネットで検索したら、
日本語のサイトでもいっぱい出てたよ〜”とfacebookにコメントをくれました。
なんと!!紅茶キノコのことだったのですね。今アメリカでブームになってるらしいです。
びっくり!!
そういえば、Lさんはアメリカ人だったです。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
08.05

アヴァンシュのブロカントで掘り出し物!?

Category: 未分類
アヴァンシュ

日本からスイスの我が家に帰って来ました〜。
猛暑の日本、バイバイ
やっぱり、レザンは涼しくて、よく眠れる。標高1200メートルですからね。

そして、帰って来るなり、ブロカント恋しくなって、来ちゃいました。
久しぶりで、何だかワクワクです。
それに、ここAvenchesアヴァンシュは初めてです。テンション上がる〜。

アヴァンシュ

レザンと同じボー州なんですけど、初めて聞く町でした。
以外と有名らしくて、
というのは、ケルトの時代からの歴史があり、ローマ時代に築かれた町だそうで、
古い歴史ある町だったんです。
劇場跡や城壁、塔など貴重な遺跡も残っていて、中でも円形闘技場はかなり完全な形で残っています。
そこで、夏にはオペラフェスティバルなどが開かれているんだそうです。
全然知らなかった。今度是非行ってみたい。

アヴァンシュ

ブロカント自体は、第5回目ということで、それほど古くない。
そして、お目当のアクセサリー類は少なかったです。残念、、、
でも、いくつか購入。
それは、そのうちショップで紹介するとして、、、

アヴァンシュ アヴァンシュ

蚤の市の通りにあった、小さなレストランのテラス席でのんびりランチ。
スイスで最もポピュラーな魚と言ってもいいと思うんですけど、ペルシェ。レマン湖で取れるスズキ科の魚です。
淡水魚で、柔らかい口当たりの白身魚。美味しいです。
フライや、バターソテーでよく食べます。

そして、帰ろうと思った帰りがけに、
ふと見つけたお皿。
大皿6枚積み重なった上に、20CHF(スイスフラン)書いてある紙が1枚乗っていました。
1スイスフランが、最近のレートでは113円なので、2,460円です。
ステキと思って、よく見てみると、リチャードジノリのマーク。
1枚20フラン???なの?と思ってみていると、店主さんがやって来て、
大皿6枚と、すぐ隣に同じシリーズのスープカップ6客とそれを乗せるプレート1枚があって、
全部で20フランなんだって!!!!! 

ジノリでしょ、これ?って聞いたら、う〜ん、よく知らない、って。
でも、裏のマークは間違いない。リチャードジノリ。
即、お買い上げしました。もちろん。
こういうこともあるんですよね。蚤の市。
特に傷もなくて、汚れを落としたら、すごくいい状態でした。
ローズブルーというシリーズです。

アヴァンシュ

これは、自分用にしようと思います。
今日はラッキーだったな、、、
ランチとあまり変わらない値段で、ステキな食器買えて、ラッキーだったな、、、
と変な比較をしながら、帰途につきましたp(*^-^*)q










Comment:0  Trackback:0
back-to-top