FC2ブログ
2018
08.18

山のソワレーSOIRÉE〜Les Fers〜

Category: 未分類
山の会

またまた山関係のトピックですみません。
そんな気分になる季節と陽気だということです。
レザン山の会の活動の一つで、夜7時に出発して、レザンの山のレストランLes Fersまで行き、食事をする、
という何が目的なのかちょっとわからない行事に、、参加しました

定期的にやっています。
一応山の会ですので、山登りはします。
今日の目的地(山のレストランLes Fers1679m)まで、どんな方法で行ってもオッケーです。
自転車、ランニング、ウォーキング、、なんでも良いです。
食事だけの人は車でも笑。
一応タイムは計ります。
だからって、何のためでもなく、、、計ってるだけ。

山の会

こんな自転車で山登りなんて、信じがたい、、、鉄人としか思えない。

参加も自由。山に会に入ってる人でなくても、大丈夫。
参加者は前日までに、一応申し込みは必要なようですが、、
常連の人たちがいたり、私のように本当にたまにしか来ない人、
時々気が向くと来る人、若い人から年配の人まで、いろいろ。
限りなく自由な感じ。

私は、徒歩で参加。
走ったり、歩いたり、歩いたり、歩いたり、、、

山の会

レザンテレキャビンのパーキングでみんな集まって、
ボンジュ〜って、挨拶、そして世間話、、、ののち、
一応、5、4、3、2、1、Aller!!とスタートの合図。
最初だけ、は町中の舗装された道なので、走ったりしてました。

山の会

ステキで大きなシャレーの並ぶ道を過ぎ、

山の会

牛のいる農家もあったり、

山の会

キャンプに来ている子供達の応援を受けたり、
みんなで応援してくれたの、、なんか盛り上がってただけかもしれないけど、、

山の会

そしてここら辺からは山道。
もう無理、後は歩く、、、

山の会

スイスの夏は日が長いので、7時にスタートしても、まだまだ明るい。
なので、時折山の景色を見たり、
もちろん最初から最後までドベだった私は、結構気楽に走り、
タイムは44分。
こんなもんでしょう、、と言うタイムでした。
ちなみに、距離は4.5km、高低差は360mでした。

山の会

みんな、こんなの何でもないって顔で、最終走者の私を待っていてくれました(トップの写真参照です)。
それから、目的地のレストランLes Fersでお楽しみの食事会。
多分こっちがメイン。
レストランも、夜はこの会のために特別に開けてくれているので、
メニューは、3つだけでした。

山の会 山の会

山の会

クルトフロマージュ(パンの上にチーズを乗せて焼いたもの)、サラダLes Fers(焼いたトムチーズが乗っているビックサラダ)と、
牛肉のステーキ(写真ありません、、、)。
正直、走った後にどれも食べたくなっかけど、(ゴメンナサイ、、)、
でも、お腹は空いてたので、クルトフロマージュ、、
文句言ったけど、やっぱり美味しかったです
デザート(カフェグルモン、コーヒーに小さなスィーツが何種類も付いています)まで、結局食べた

帰りは、自転車の人は自転車で、足で来た人は、足で、、(当たり前)、
でも、ワイン飲んでめんどくさくなっちゃた人は、車で。
ふふふ、、車ちゃんとあるの。いつも。何故か。

このイベントが冬期にも定期的にあります。
冬も、やはり自由。
雪の中を、山スキーで登る人、ラケットで登る人、
以前のブログで冬の会も紹介したことがありました。

http://amisamis.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

いかにもスイス人が好きそうな感じのソワレーです。
フランス語に英語が混じった会話を聞きながら、頭の中ごちゃごちゃになって、みんなの話を聞いていたら、
疲れているはずなのに、頭が冴えて、
なんだか寝つきが悪かったです




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
08.14

トレッキング&ベリー摘み〜CREUSAZ〜

Category: 未分類
ベリー摘み

先週に引き続いて、トレッキングです。
2週も続けてトレックとは、、、どうした私?!そんなに山歩き好きだっけ??
マジックパスの効果かな、、!?
マジックパスとは、地元周辺地域のスキーのシーズンパスのことなんですが、
通常のシーズンパスでは、そのスキー場で買ったものはそこだけでしか使えませんでしたが、
マジックパスだと、近郊のスキー場がいくつか使えて、そして値段も少し安くなって、
しかも、夏にも使えるので、山歩きの時に、ゴンドラや、チェアリフトに乗れる、
という去年から導入されたシステムのパスです(ブラボー!!)
レザン住人の私たちが、隣の州でも使えるんです〜
なんだかタダで(実際はタダということではないですけど、、、)使えて嬉しくて。
ついつい主婦根性が、、

今回も隣のValaisです。La Creusaz。
Martgnyから車で登り始めて、まずはLes Marécotteへ。小さな村ですけど、電車も通ってるし、なんと動物園があります。
山の中に柵を作って、置いただけみたいな、、、素朴な動物園。たまたまそこにいた動物が入っている、、、みたいな笑。
あっ、でも、プールもあって、人気です。

ベリー摘み ベリー摘み

そこから、4人乗りのゴンドラで登ると、La Creusaz。
今年はベリー大豊作と聞いていたので、実は先週のトレックはタッパ持参で行っんですが、
既に殆ど終わった感じで、収穫ゼロ、、、
Creusazは、ありました、ありました。
今回は、ベリー摘みが大成功!!
ブルーベリーとラズベリー。
花より団子。
写真もそこそこに、ベリー摘み。
なので、今回写真が少ない、、、

ベリー摘み ベリー摘み

一応は上からの眺めもカメラに。(これだけでした、、)
右から、モンブラン(4807m)、中央がエギュイユ・ヴェリテ(4122m)、左がエギュイユ・ダルジェンティエール(3901m)、
ちょっと雲が掛かってましたが、雄大な山々です。

ベリー摘み

今日こそあったら良かったのに、
タッパがなかったので、持っていたビニール袋に入れて持って帰ってきました。
ラズベリーは柔らかくて、潰れてしまった
ブルーベリーは、小粒ながら、甘くて味が濃かった。さすがワイルド。
下の写真が、今回の収穫の全てです。満足〜

ベリー摘み ベリー摘み

さてさて、
ラズベリーは、あまりたくさんなっかたので、翌朝、豆乳ヨーグルトに投入(必ず言う)!!

ベリー摘み

そして、ブルーべりーは、ブルーベリーパイにしました!!
見た目はイマイチですけど、味はサイコーに美味しかったです。
シュガーちょっとで、甘みも十分。久々のヒットでした。
自分で採ったから、よけいそう思うのかな、、

ベリー摘み ベリー摘み






Comment:0  Trackback:0
2018
08.05

久しぶりのトレッキング〜LA SEYA〜花の小道

Category: 未分類
seya

久しぶりの投稿です。
前回が湯豆腐の話題だったので(笑)、あれから時は流れて〜って、感じですね。
夏真っ盛り!!の今、 日本は未体験ゾーンとも言えるほどの暑さに見舞われていますが、
スイスも、今年は暑いです。
8月1日のスイス建国記念日、花火禁止になった州がいくつもあって、ちょっと寂しい感じでした。
山火事とかの心配からでしょうかね。
世界中暑いですね
レザン(標高1300m)に住んでいて本当に幸せ、って思える季節です。
下の街に買い物行っても、速攻帰って来ちゃいます

と言うわけで、レザン引きこもりの毎日なのですが、
久しぶりに、山歩きに出かけてみました。
もっと、標高の高いところなら、より涼しいはず

すぐ隣のValais州は、ステキなトレッキングコースがたくさんあって、
車でも我が家からそれほど遠くないので、時々山歩きに出かけます。
今回は、La SeyaのSentier Botaniqueを目指しました。
Botanique植物の、Sentier山の小道、、、
そうそう、道々に高山植物がたくさん見られる、麗し〜いトレッキングコースです

seya

Leythronという街から、車で更に山の斜面にぎっしりと葡萄畑が張り付いている山道をOvronnazまで登ります。
この町はLeysin同様、標高1200Mくらいで、温泉があります。
日本の温泉とは全然違って、水着で入る暖かいプールって感じですけど。

seya

そこから、今回はチェアリフトに乗って、Jorasse(1700M)迄登り、そこからスタート。

seya

Jorasseでチェアリフトから降りたら、
さすが夏休み、レンタサイクルやら、(まあ、山道を自転車なんて、私はノーサンキューですけど、)

seya

レンタルポニーやら、(子供に限って無料で乗らせてくれるみたいでした!これは、いいなあ〜)

seya

ヤギもいたり、でなかなか楽しそうでした。(近くに鶏小屋もありましたよ、何故??)

seya

さてさて、歩き始めです!!
久しぶりだったので、やや緊張。
でも、道は、山の小道が続いて、いい雰囲気です。急なところもあまりなかったし
ところどころ、木陰にもなっていて、

seya

眺望ももちろんサイコーです
ただ、とてもいい天気だったのですが、暑さのためか、いつものような真っ青な眺めではなくて、
写真も、ちょっと白く霞んだ感じでしょ。

seya

見下ろすと下の街と、いろは坂みたいな登りの車道がくねっくね

seya

8月に入って間もなかったんですけど、お花は既に旬は過ぎてしまっていて、
やっぱり、6月7月が、フレッシュで種類豊富な花々に会えるベストな時期なんだと、改めて再確認でした。
でも、まだまだいろいろ見れました、ハッピーでした。
8月後半には、もう見頃は過ぎてしまいます。スイスの夏の終わりは早いです。

seya seya

seya seya

seya seya

どうですか?
少しは爽やかな空気、お伝えできたでしょうか?

帰りは、登りチェアリフトだった行程も歩いたので、疲れました、、、
やっぱり、身体なまってるかも、、!?




Comment:1  Trackback:0
back-to-top