FC2ブログ
2019
07.22

Bye-Bye Leysinレザン☆

Category: 未分類
byebyeleysin

20年近く住んだスイスLeysinを離れることになりました。
初めて来たのは子供達がまだ3才と1才だった1993年、7年間住んで、2000年に一度帰国したのち、
2006年に再度Leysinへ。
それから13年。トータルで20年ということになります。
第2の故郷です。
大好きなブロカント通いから、アンティークアクセサリーのネットショップを始めて、
それがきっかけでブログを書き始めました。
アンティークアクセサリー☆amis (http://amis-amis.com)

”MY DAYS in スイス”というテーマで書いてきたので、
引っ越すにあたり、今回が最終回です。
また別のテーマを見つけたら再開したいな、と思っています。
寂しい、、

それでは引っ越しから。
以前もブログで書きましたが、
”ブロカントな我が家”(http://amisamis.blog.fc2.com/blog-entry-87.html)

レザンに引っ越ししてきた時には家具は持ってきていないので、ここで使っていた家具類は殆どが古道具屋さんで買い集めたものです。アンティークとは言えなくて、古道具、、、でもとっても気に入って買ってきて、今まで使っていた家具たち。でも、持って帰れない、、、
古道具屋さんでも、もう引き取ってはくれない、、近頃は、古い家具を使い人は少ないみたい。
幸いにも、引き取り手を探すことができて、それぞれもらわれることに。よかった。またレザンで使ってもらえることになりました。
持って帰れないもの、要らないものも、極力頑張って処分。引っ越しの鉄則ですよね。
ゴミの分別処理場に何度行ったことか。

海外引っ越しというものを、過去に3回していますが、1つ1つ丁寧に梱包すると容積3倍くらいになるのでは、といつも思います。
我が家は、すべて船便で約2ヶ月かけて運ぶことにしました。航空便よりはもちろん安い。重さより容積が重要です。
なるべくコンパクトにしたいのに、、包む、包む、包む、、
そしてリストアップして、ナンバリングして、、、
最後の方はもうめんどくさくなっちゃった。
そしてついに、空っぽの我が家。

byebyeleysin

byebyeleysin

最後の夜は、レザンのホテルで1泊。
部屋を出る前に、同じアパートのお世話になったフェルナンとレジーナにお別れ。
シャンパン開けてくれました。寂しい、、
長いお付き合いだったので、家族のような感じです。Merci
また会えるといいなあ。A bientot

byebyeleysin

翌日は、Feydeyの駅からAigle-Leysinの電車に乗って。
すごい山道を、大雪の日だって止まることなく、すごい電車なんです。
レザンの登山電車とスイス国鉄(http://amisamis.blog.fc2.com/blog-entry-40.html)

byebyeleysin

byebyeleysin

Leysin-villageの駅通過。あっ、うちが見える〜。
時々鹿がいたり、車窓を眺めるのも楽しかった。
動画撮ってみたので、、、車窓からの風景をどうぞ。




byebyeleysin

Aigle城見えてくると、終点Aigleも近い。

byebyeleysin

Aigle駅で、次に乗るジュネーブ行きの電車待ち。
こうやってみるとAigle駅もいい駅だなあ、、
昔はオリエント急行も通過したらしいよ。

byebyeleysin

電車から、
Bye-bye スイス、Bye-bye レザン

byebyeleysin

読んで頂いた方、皆様、本当にありがとうございました。
またの機会まで。



スポンサーサイト



Comment:2  Trackback:0
back-to-top