FC2ブログ
2018
09.27

モロッコ旅行〜アイト・ベン・ハッドウ〜

Category: 未分類
なか日はアイト・ベン・ハッドウへのオプショナルツアー。
ドライバーさんはうちの娘と同い年の28歳のラシーンさん。
メルズーガ(こここそ、砂漠の入り口にある街)出身の若者。
ランドクルーザーで、山道もなんのその、素晴らしいドライビングテクニックでした。

途中で、ベルベル人の集落が見えるところとか、眺めの良いところに停まってくれ、

(ベルベル人は、北アフリカの広い地域に古くから住み、アフロ・アジア語族のベルベル諸語を母語とする先住民のグループ。
農民や遊牧民が多く、世界中に広がっていったので、どこか一つの国ではなく、色々な国に住んでいます。
モロッコの人口の40パーセントくらいはベルベル人らしいです。
元フランスのサッカー代表のジダンはベルベル人の血を引いているそうですよ。)

ワルザザード

ショッピングしたいと言ったら、アリババの盗賊のような人(残念なことに本人の写真撮り忘れちゃいました)のお店に連れて行ってくれて、
私はここで、アクセサリーを仕入れることができましたよ〜。
すごいお店でした。ありとあらゆる物がありました。
本当にアリババの住処では!?と思いました、、、
(LABYRINTHE DU SUD-Route de la Casbah des Cigognes B.P.N°242-Ouarzazate45000-Moroc)

ワルザザード

ワルザザード

ワルザザード

ワルザザード

そして、アリババで時間が掛かってしまい(私の買い物のせいです)、ダッシュで目的地に向かいました。

そして目的地アイト・ベン・ハッドウ
ハドュー一族が盗賊から身を守るために建てたカスバ(要塞)。
マラケシュからアトラス山脈を越えても、ここはまだまだ砂漠ではないけれど、
私にとっては、砂漠と言ってもでもいいんじゃないって思えるような場所でした

ワルザザード

入り口にあたる橋を渡って、カスバのテッペンまで登って来ました。
ラシーンさんは、橋の渡り口手前のところで、
ここで待ってるね〜、1時間くらいでいいかなあ? この先まっすぐだから、すぐわかるよ。じゃあね、楽しんで〜って。
そうなの?一緒に行かないのね?暑いもんね、、

ワルザザード

テッペンまでは、お土産や、カーペットのお店もたくさん、
ここでも、Konnichiwa(こんにちは)、Nihonnjinndesuka(日本人ですか)、
Rakudaharakuda(ラクダは楽だ???)、Binnbou puraisu(貧乏プライス????)などと変な日本語で話し掛けられつつ。
景色は言うまでも無く圧巻!!
本当の砂漠までは行けなかった今回の旅行ですが、
やっぱり見てみたかったかなあ、、と実際の砂漠を想像して、思いを馳せるのでした。
暑い

ワルザザード

ワルザザード

ワルザザード

ワルザザード

また、何と言ってもこのロケーション、
映画のロケ地として、その手の(?)映画にもってこいな感じ。
数々ありますが、アラビアのロレンス、グラディエーター、ナイルの宝石、ハムナプトラ、、、
近くのワルザザードに、映画村もあります。
入りたかったけど、時間が無かった、、誰のせい、、??すみません、、、
入り口の写真だけ撮りました。

ワルザザード

まだまだ続くモロッコ編、、次回で最終回にしたい!!




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://amisamis.blog.fc2.com/tb.php/110-0f479559
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top