FC2ブログ
2018
10.25

ガイドブックにも載ってない町、エスタバイエ-ル-ラックまで秋のドライブ

Category: 未分類
エスタバイエ

行楽のシーズン秋、
遠くまで行くのも、なんだかめんどくさくて、でもこの天気に家にいるのももったいないし、
1時間半くらいで行けるところで、どっかないかなあ、、
と探したのが、聞いたこともない、ガイドブックにも載っていないこの町、ESTAVAYER-LE-LACエスタバイエ-ル-ラック

このシーズンのドライブは楽しい!!
木々の紅葉を見ながら、暑くもなく、寒くもなく(急に寒かったりもしますけど、、そこのとこは、ホント要注意!!)
草原には、まだ牛や馬や、羊なんかも草を食んでる。
家もお花がまだたくさん咲いていて、とってもスイスらしい。

エスタバイエは、春と秋にブロカントがあって毎回出かけているPAYERNEパイヤンヌのすぐ隣。
ガイドブックにも出ていない小さな町ですが、とても情緒があってステキな町です。
スイスで一番大きいヌーシャテル湖の南側にあります。

この町のシンボルは何故だかカエル。
町のいたるところにカエルちゃんが飾られています。
ツーリストインフォメーションでもらったガイドマップの順路で、町を散策することにしました。

エスタバイエ

お城は中に入れなかったのですが、少し離れた見晴台からの全景がいい感じに撮れました。
エスタバイエ

石畳がヨーロッパぽくって、とっても綺麗。
エスタバイエ

教会も立派です。歴史がありそう。
エスタバイエ

エスタバイエ

こんなステキな散歩道もありました。
エスタバイエ

そして、午後の開館を待って入った”カエルの博物館”Musée d'Estavayer-le-Lac et ses grenouilles。
エスタバイエの町の民族・歴史博物館なのですが、カエルのコレクションが評判になって、
カエルの博物館と呼ばれるようになりました。
可愛いカエルたちが、楽しい人間の日常の中に入り込んで、時代や社会を表現。
ユーモアいっぱいで、楽しいカエルたちのコレクションは、子供も大人も楽しめて、
時間を忘れて見入ってしまいます。

エスタバイエ
食事風景

エスタバイエ
学校

エスタバイエ
カードゲーム

エスタバエの町から少し離れて、ヌーシャテル湖畔に出てみました。
ヨットハーバーがあって、芝生スペースでは、のんびりとお散歩する人たちの姿、

エスタバイエ

エスタバイエ

最後は湖畔のカフェでお茶して帰りました。
のどかな秋の休日の1日でした。

エスタバイエ



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://amisamis.blog.fc2.com/tb.php/113-8add9b66
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top