FC2ブログ
2019
05.18

レマン湖畔、フラ〜っとショート散歩♪

Category: 未分類
lac leman

寄る年波で、膝を痛めてしまいました
激しい運動はできず、、、お散歩が日課になりつつあります。

それに天気のいい日が少ない最近、
やっと覗いたつかの間の晴れ間に、フラーっとレマン湖散策に行きました。

レマン湖は、知る人ぞ知るスイスが誇る美しい湖。
南側はフランスで、国境のような湖。
スイス側の湖畔には、ジュネーブ、ローザンヌ、モントルー、などの有名な街も数多く。
フランス語では、Lac Leman レマン湖、英語では、Lake Geneveジュネーブ湖、

住んでいる町Leysinは地図の右の方のエグルの近く、
そこから車でビルヌーブまで行って、そこからお散歩スタート。車で30分くらいで行けます。
今回はモントルーのちょっと手前まで。短かっ

lac leman

ビルヌーブの駅です。
小さな駅だけど、冬期を除く毎月第2と最終土曜日にフリーマーケットが開かれたり、
駅から続く小さな商店街には、美味しいケーキ屋さんや、テイクアウトできるカレー屋さんや、お寿司のレストランや、
なかなか面白いお店があるんですよ。

lac leman

お散歩の人、サイクリングの人、ローラースケート、スケートボード、キックボード、
決してスピード出す人はいません。

lac leman

水際のスペースは、夏には海水浴のファミリーで、賑やかです。
わざわざ海水浴に来るというよりは、ピクニックのついでにちょっと泳いじゃえって感じ。
海水浴じゃないですけど、、湖水浴、、?水浴び、、?
真夏でも、水温低めで冷たい感じですけど、こちらの皆さん、肌寒いような日も平気で水に入って、
温感が違うのかしら、、と思う時があります。

lac leman

進んでいくと、芝生のエリアも。
ここは我が家の御用達だった、ピクニックスポット。
子供が小さい時はよくここでランチしました。小さい自転車を車に積んで来て、自転車乗って、お弁当食べる。
寄ってきた白鳥にパンをあげたり。
今日はまだ空いてます。
多分これから人がやって来ると思います。バーベキューにも、バッチリ。

lac leman

今日の目的地はシヨン城。
イギリスの詩人バイロンの『シヨンの囚人』が有名です。
湖に浮かぶように立つ美しいお城としても。
遠くから見ると、本当にきれい。

lac leman

釣りの人も出ていました。
ペルシェという淡水魚がいるんです。
ヌーシャテル湖やレマン湖など、主にフランス語圏の湖でとれる小さな淡水魚で、
フィレ(3枚におろした片身)を使って、ムニエルかフリット(フライ)で食べます。
付け合わせはゆでたポテトやフレンチポテトとレモンが定番。

lac leman

ちょうど遊覧船がシヨン城を出港したところでした。
大きな湖なので、遊覧船に乗ると楽しいです。
対岸はフランス、湖畔の町で降りて、お茶して、また次の船で帰るとか、、いい感じです。

lac leman

シヨン城に到着です。
いつも観光客で賑わっています。国際的な観光地なんですよ。
娘は幼稚園の遠足で来ていました。
私たちも、日本からお客さんが来るたびに来ているので、少々感動薄くなりました、、、

lac leman

自転車のグループも多いです。
一番後ろにいる女の子が可愛くて、1枚隠し撮りしちゃいました。
女の子の小さい自転車は、アタッチメントでお母さんの自転車に固定できて、
2台が1台のように、タンデム自転車のようになって走ってました。ま、女の子は一応ペダルこいでたけど、何の役にも立ってない感じ。。。笑
ムッシューたちが見上げている方向はには、線路、その更に上側は一般道、もっと上の方には高速道路も走っています。
電車からもこの景色がずーっとローザンヌあたりまで見ることができます。

lac leman

アルプスの山々を見ながら、どこの風景を撮ってもきれい。
歩道の途中には、これ以外にも、プールもあるし、公園、アスレチックの器具が置いてあったり、
小さなボートのハーバー、レストラン、カフェ、、、とアミューズメントパークみたいです。

lac leman

今回は、ション城迄で引き返しましたが、
このすぐ先は、モントルー、夏のジャズフェスティバルはとても有名です。
フレディーマーキュリーの銅像があります。
以前撮った写真があったので、それを。
晩年の2年間を、レマン湖が一望できるアパートの最上階で過ごしたそうです。

lac leman

もう少し行くと、ヴェヴェイ。
ここにはチャップリンの銅像、
彼もまた亡くなるまでの25年間を、この辺りで暮らしていたのですね。

lac leman

更に、写真は無いけど、ローザンヌの先のモルジュには、オードリーヘップバーンのお墓があるそうです。
彼女もやはり晩年を過ごしています。

世界の王様たちや、セレブの別荘が軒並みあるこのエリア、
別荘無くても、とっても楽しめます





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://amisamis.blog.fc2.com/tb.php/120-592885a1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top