FC2ブログ
2014
02.25

レザンの登山電車とスイス国鉄

Category: 未分類
レザンの登山電車

レザンは標高1300メートル。
スキー場があるくらいですから、高地です。
電車は1本、もちろん登山電車です。
1時間に1本、下の町AigleとレザンFedey駅を往復しています。
所要時間は25分。
今年は日本でも大雪でたいへんでしたね。
交通機関がストップして、困った方も多いと思いますが、レザンの電車は雪山仕様ですから、
どんなに雪が降っても、止まることはありません。

その秘密は…
ギザギザの歯車みたいになっていて、車両を噛み合わせて動かすこの線路!!(アプト式)

レザンの登山電車 レザンの登山電車

雪と斜面に強くするための、最強な方法なんでしょうね。
初めてみた時は、びっくりしました。
今は…もうすっかり山国の人と化してしまいました。

ちなみに私が乗る駅は終点Fedey駅から2つ目のLeysin village駅。

レザンの登山電車 レザンの登山電車

プラットフォームはシンプルです。
改札口もなくて、この駅は数年前から無人駅、駅員さんもいません。
ちなみにドアも自分で開けます。
閉まるのは何故か自動。
それはこの登山電車だけではなくて、どこの大きな駅の電車もそう。

レザンの登山電車 レザンの登山電車

プラットフォームからの眺めもなかなかステキ。我が家が見えています。
右の写真、中央やや左に小さく見えている4階建てのピンクの建物の、すぐ右の焦げ茶色の小さなシャレイ。
雪が屋根に積もってる。
ということで、我が家の窓からもこの駅と、電車が見えます。

そして到着駅のAigleエーグル駅。
ここまで来ると、雪景色が幻だったように思えます。

ここからスイス国鉄に乗り換えができます。
モントルー、ヴヴェイ、ニヨン、ローザンヌ、ジュネーブなどに繋がります。
ラッシュ時でも、だいたい全員座れます。
改札はないので、車内で駅員さんがチェックに廻ってきます。

レザンの登山電車 レザンの登山電車

レザンの登山電車

スイス国鉄の電車の車体に書かれている文字ですが、
SBBはドイツ語(Schweizerische Bundesbahnen)
CFFはフランス語(Chemins de Fer Fédéraux Suisses)
FFSはイタリア語(Ferrovie Federali Svizzere)
公用語が3つなので。
めんどくさいですね。


スポンサーサイト




トラックバックURL
http://amisamis.blog.fc2.com/tb.php/40-cbd983a4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top