FC2ブログ
2014
09.24

スイスブロカントLes Mosses レ・モスとスイス定番ピクニック

Category: 未分類
レ・モス

ネットショップの買い付けのために、ブロカント蚤の市にはあちこち出かけますが、
一番近くで開かれているのが、Les Mosses レ・モス。
レザンから山一つ超えたところにあるスキーの町レ・モス。
レザンのスキーピストとは数年前から、無料の連絡バスで往復できるようになっていて、
1つのスキー場になっています。
ファミリー向けの伸びやかなピストで、クロスカントリースキーですごく有名です。

ここで、6月中旬から9月いっぱいまで、毎日曜日に開かれるブロカント。
道路沿いにずらーっと並んだお店には、
物置をひっくリ返して持って来たような物も出て、けっこう面白いんです。
アクセサリー類はあまり出ないのがちょっと残念。
日曜日の午後、暇だとブラ〜っと出かけるのにちょうどいいので、時々行ってみます。

レ・モス レ・モス

今回はとてもスイスチックな物を発見しました。
1つはデクパージュ、今もスイスで受け継がれている切り絵細工。
ちょっと説明すると、

アルプスの暮らしを1枚の紙で表現する精緻な芸術、黒または白い紙に鉛筆で下書きし、小さなカッターやハサミを使って、まるでレースのような細か〜い模様をつくりあげていきます。
牛たちを山上の牧草地につれていく「牧のぼり」、山をおりてくる「牧くだり」や、
山小屋(シャレー)や森、動物たちなどアルプスの牧歌的な情景をテーマにしているものが一般的です。

レ・モス

とても細かい作業なので、4、5cm平方くらいの小さい物でも1万円くらいするものも決して珍しくありません。
…と、これを参考にして…、
私が見つけた切り絵は、たぶん始めたばかりの人の作品なのでしょうか、大胆(?)なデザイン。
ちょっと大柄ではあるものの、なんともかわいい!!
木の枝と2羽の小鳥。見ているだけで、楽しくなります。

レ・モス

そして、2つ目はパニエ(籐籠)。
ちょっと変わった形ですが、この地域(スイスボー州)特有の葡萄用のパニエです。
ボー州は世界遺産のラボー地域(レマン湖畔の葡萄畑)も含む、葡萄の産地です。
斜面を利用した日当りの良い畑で葡萄を栽培しています。
どうしてこんな形になったのかはわからないのですが、
蓋が付いていて、下の方がくびれていて、独特な形。
葡萄の造花をおまけに付けてくれました。

レ・モス

そして3つ目は絵皿です。
うちに既に牛飼いの男の子の飾り皿があるので、
これを見つけた時は、女の子だ〜!と即、飛びついてしまいました。
服がスイス的ですよね。
お土産物屋さんなどでも売っていますが、ブロカント値段で買えたのでラッキーでした。

レ・モス

買い物を終えて、急遽天気もいいし、ここでランチしよう〜、ということになりました。
日曜なのに、開いてる食料雑貨店があったので、
そこで、スイスのランチの定番、パンとチーズと生ハムを買いました。
スイスにはファミレス的なレストランも、コンビニもないので、手っ取り早く食べるには、これ!!
手っ取り早く、を求めない時もこれかな…!?
この日は切るためのナイフもなくて、大胆にちぎって食べました。

レ・モス レ・モス

パンは茶色っぽい全粒粉パン。
チーズはFleuretteフルーレッツ。パッケージは子供っぽくて、いまいちな感じのこのチーズ、
スイス人の友達がチーズベスト3に数えるほどの実力。
ここからもそう遠くない小さな村のRougementルージュモンのTommeトムというカマンベールのようなソフトタイプのチーズです。中がクリーミーでパンに乗せると、サイコー!!
生ハムはグリュイエールのもの。これまたチーズで有名な村です。

思いがけず、ランチもとってもスイスな感じの1日になりました。
ワインがなかったのが、ちょっと寂しかったけど…。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://amisamis.blog.fc2.com/tb.php/53-cad0c2cc
トラックバック
コメント
今年はまだまだ暖かくて、晴れの日は半袖でも平気なくらい!!朝夕は寒いけどね。葡萄の収穫も大詰めな感じで、今年のワインは夏に雨が多かったので、期待薄らしいです。日本は台風がたいへんですね。大丈夫でしたか?
masakodot 2014.10.15 07:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top