--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
10.17

PARIS報告part2 オランジェリー美術館

Category: 未分類
オランジェリー

パリで、Venve蚤の市の他に、もう1つ行きたかったところ、、、
それは、オランジェリーorangerie美術館です。
遅れてしまいましたが、パリ買い付け旅行の続編です。

オランジェリー

何年か前に友達と来た折、休館日で入れずに、
翌日再度訪ねたら、午前は入場制限されていたことがあるんです。
その日は旅行最終日で、午後には空港へ向かわなければならず、諦めたという次第です。

休館日とか、午前の入場制限とか、調べておけばよかった、という話ですけど、、、
それ以来、行きたい思いが募って、やっと会えた恋人との再会のような気持ち。

オランジェリーはクロード・モネの睡蓮で有名です。
睡蓮を展示するための部屋が2つ、部屋のすべての壁に睡蓮の絵が、飾られていて、
天井からの自然光で、浮き出るような感じ。

部屋に入った途端、目の前に広がる空気と一体になった大きな壁いっぱいの絵に、
涙が出そうになりました。感動!!

オランジェリー オランジェリー

地下には、モディリアーニ、ユトリロ、ルノワール、マチス、セザンヌ、、と有名な絵が展示、
喫茶室やそれと隣り合わせて、売店も、明るくていつまでも居たくなるような、居心地の良いスペースです。
しっかり日本語のオーディオガイドもゲットしたので、ゆっくり堪能できました。
日本語もあるって本当に嬉しいです。

そして、ちょうど特設会場では、「ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展」が開かれていました。
8月で終了しているので、ちょうど開催期間最後だったのですけど、
入ってすぐの壁には青木 繁 《海の幸》がドーンと飾られていて、おおっ!!
ブリジストン美術館の建て替えに伴う休館を機会に、パリまで来たんですね。
2つの美術館を同時に見れた感じで、ラッキーな気分です。

オランジェリー オランジェリー

オランジェリーはコンコルド広場のすぐ隣。
見渡すと凱旋門も見えて、シャンゼリゼ通りまでもすぐ近く。

オランジェリー オランジェリー

美術館を出た後は、そのまま一人ふら〜と気ままにシャンゼリゼを散歩
ウィンドーショッピングしながら、本当にふら〜と。
喉が渇いて、途中でカフェに入り休憩。
なんだか幸せ、、
でも今度は誰か友達と来たいな、、



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://amisamis.blog.fc2.com/tb.php/99-d1cef386
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。