FC2ブログ
2017
10.29

煙突そうじ屋さん来たる!!

Category: 未分類
煙突

やって来ました煙突そうじ屋さん!!
1年、あるいは2年、3年に一度、来てもらう煙突そうじ屋さん。
暖炉の使用頻度によって、その回数は違ってくるようです。
お掃除してもらわないと、火災保険には入れないというほど、大切です。

スキーリゾート地のレザンのような町では、暖炉のある家はとても多いです。
スーパーでも、季節になると薪を店頭に積んで売り出しますし、
道路から見えるところに、売り物として山のように積まれた薪、をよく見かけます。
配達もしてくれます。
和みますものねえ〜、寒い部屋で、ゆらゆら燃えてる炎を見るのって。

煙突

ハシゴを積んだこの車を見ると、煙突掃除の車って、すぐわかります。
やはりこれも特殊技術らしく、そしてやり手も少ないのか、
いつだったか、うちのアパートのコンシェルジェが、彼らはいつも黒い服を着て、すすだらけだけど、
お金持ちなんだぞお、、って言ってました。
確かにいつも黒い作業着を着ています。

煙突

煙突だけではなく、ブラシを使ったり、強力そうな掃除機を使ったりして、暖炉の中を隅々まできれいしてくれます。
こびりついて炭のようになった壁も、ゴリゴリとヘラのようなもので削って、もうスッキリ!!

煙突 煙突

煙突

屋根の上から、煙突内部の掃除も。
中央の黒い人影、見えますか?
結構危険なお仕事です。

煙突

掃除後の暖炉の内部です。
我が家では、暖炉内部に組み入れるカセットが入っています。
扉も付いていて、空気の量を調整しながら、薪を効率良く燃焼させて、
下側にはファンも内蔵されていて、そこから温風を送ってくれて、暖かくしてくれるものです。
雰囲気を良くするだけで無くて、本当に暖房器具として使っています。
でも、暖房はこれだけではありません。メインになる暖房はうちは床暖房。
日本でも寒い地域の暖房は完璧であるように、
レザンでも、完璧に暖かいです。家の中では半袖でも大丈夫なほどです。
日本では、神奈川県の住人なので、日本の家に帰ると却って、寒くて寒くて!!ということになります。

そして、我が家では、薪は自給自足。買ったりしません。
コンシェルジェのフェルナンドと一緒に、山に行き(私は行きませんが、、)、
伐採跡の木の半端を拾って来ては、薪用に切りそろえて、家の周りに積み上げておきます。
何年か置いて、完全に乾燥させてから、薪として使っています。
山から、拾ってくるのにも、1年に1000円ほどの許可料が必要です。
それに、運んだり、切り揃えたりは、かなりの重労働。
それでも、安上がり!!おじさん2人にはまだまだ頑張ってもらわないと!!!

ということで、うちのアパートの裏庭は、
現在こんな状態であります。

煙突 煙突

そして、今年も暖かい冬を迎えられそうです。
ありがたや、ありがたや

煙突





Comment:0  Trackback:0
2017
10.17

PARIS報告part2 オランジェリー美術館

Category: 未分類
オランジェリー

パリで、Venve蚤の市の他に、もう1つ行きたかったところ、、、
それは、オランジェリーorangerie美術館です。
遅れてしまいましたが、パリ買い付け旅行の続編です。

オランジェリー

何年か前に友達と来た折、休館日で入れずに、
翌日再度訪ねたら、午前は入場制限されていたことがあるんです。
その日は旅行最終日で、午後には空港へ向かわなければならず、諦めたという次第です。

休館日とか、午前の入場制限とか、調べておけばよかった、という話ですけど、、、
それ以来、行きたい思いが募って、やっと会えた恋人との再会のような気持ち。

オランジェリーはクロード・モネの睡蓮で有名です。
睡蓮を展示するための部屋が2つ、部屋のすべての壁に睡蓮の絵が、飾られていて、
天井からの自然光で、浮き出るような感じ。

部屋に入った途端、目の前に広がる空気と一体になった大きな壁いっぱいの絵に、
涙が出そうになりました。感動!!

オランジェリー オランジェリー

地下には、モディリアーニ、ユトリロ、ルノワール、マチス、セザンヌ、、と有名な絵が展示、
喫茶室やそれと隣り合わせて、売店も、明るくていつまでも居たくなるような、居心地の良いスペースです。
しっかり日本語のオーディオガイドもゲットしたので、ゆっくり堪能できました。
日本語もあるって本当に嬉しいです。

そして、ちょうど特設会場では、「ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展」が開かれていました。
8月で終了しているので、ちょうど開催期間最後だったのですけど、
入ってすぐの壁には青木 繁 《海の幸》がドーンと飾られていて、おおっ!!
ブリジストン美術館の建て替えに伴う休館を機会に、パリまで来たんですね。
2つの美術館を同時に見れた感じで、ラッキーな気分です。

オランジェリー オランジェリー

オランジェリーはコンコルド広場のすぐ隣。
見渡すと凱旋門も見えて、シャンゼリゼ通りまでもすぐ近く。

オランジェリー オランジェリー

美術館を出た後は、そのまま一人ふら〜と気ままにシャンゼリゼを散歩
ウィンドーショッピングしながら、本当にふら〜と。
喉が渇いて、途中でカフェに入り休憩。
なんだか幸せ、、
でも今度は誰か友達と来たいな、、




Comment:0  Trackback:0
2017
09.21

秋のショートトレック〜Famelonファムロン

Category: 未分類
famelon

9月になると、山歩きを始めます。
夏の間は、いろいろとやることがあるんですが、、スイスの秋は以外と暇、、です。

ある秋の1日、お天気イマイチだったんですけど、晴れ間を逃さず、ファムロンFameronまで行ってみました。
Famelonはレザンのシンボル的な3つの山の一つ。
3山は アイTour d'Ai(2331m)、マイヤンTour de Mayen(2326m)、ファムロンTour de Famelon(2137m)、

famelon

クレッタのマーケットの時に建物の壁にも描かれていましたよね。
(前回のブログの最後の方に出てくる写真です。http://amisamis.blog.fc2.com/blog-entry-96.html
ファムロンは特に、スフィンクスの形に似ていて、わかりやすいんです。
今日はこの山の頂上を目指します。

famelon

レストランのある、レ・フェーLes Fers(1675m)までは車で、
(トップの写真は登り始めの標識です)、
そこから歩いて1時間くらい。
雨は降ってなかったですけど、ちょっと曇った感じでした。
頂上からの眺めも、晴れて見晴らしが良かったかと思うと、あっという間に雲で真っ白になったり。
それでも、キャンプできている子供たちのグループに出会ったり、まあまあのトレック日和だったのでは、と思います。

famelon

一番上は、結構険しく、最後のところは鎖場がありました。
左の写真で、鎖が下がっているのが見えますか? 2Mくらいでしたけど、ちょっと怖かった!!

famelon famelon

そして、頂上で見つけたもの。
何これ? タバコの吸い殻入れ? ゴミ箱?
って思って、開けてみたら、、、
え〜!何これ!?かわいい

この飯盒(、、だと思いますが、、)の中を開けてみたら、メッセージがいっぱい入っていました。
雨に濡れないように、またしっかりと蓋を閉めておきました。
筆記用具持ってなかったので、何も入れなかったけれど、
日本語で何か書きたかったな、、、残念、、またのチャンスに、、ってまた来るかなあ、、、

famelon famelon





Comment:0  Trackback:0
2017
09.10

ついに来たぞPARISヴァンヴvenvesのブロカント!!

Category: 未分類
venve

スイスの田舎町に住んでいます。
ネットショップ(アンティークアクセサリー☆amisといいます!!お立ち寄り下さい!!http://amis-amis.com)
の買い付けは、スイスのあちこちの蚤の市、
でも、時々は旅先でも、、、旅行か蚤の市かどっちがメインかわからなくなるくらい、蚤の市巡りをする今日この頃です。
で、今回はほぼ蚤の市がメインな旅行!!そしてひとり旅!!
行き先は、パリVanveヴァンヴです。

パリの3大蚤の市は、クリニャンクール、モントルイユ、ヴァンヴですが、
私のネット調査によると、ヴァンヴが治安も良く、お店も多岐にわたっているようで楽しそうです。
一人なので、特に治安は大切。テロなども最近は怖いですけど。
格安チケットを予約して、ヴァンヴの近くにホテルも取って、いざいざ出発です。

ヴァンヴ蚤の市ははメトロのporto de vanvesポルト・ド・ヴァンヴの駅からすぐのところで、毎週土日開催。
周りに木立もあって、夏でも涼しく、時間が経つのも忘れて、ショッピングできました。

venve

本当に、家の物置から持っていた不用品のようなものから、高級そうなアンティーク品まで、いろいろ。
あんまり面白くて、目についたものを写真に撮ってみました。
まあ、なんと言いますか、、いろいろですね、ホントに。

venve

venve

venve

venve

venve

アクセサリーのお店も、もちろんたくさんありました。
でもこのお店が、今回は一番たくさんアクセサリーを出していたと思います。
50代くらいのマダムが取り仕切っていて、その旦那さまとおぼしきムッシューが手伝っている。
このパターンが、断然多いんですよね、、、アクセサリーをたくさん扱っているお店って。

venve

有名な蚤の市は数々ありますが、それぞれ個性が違うものです。
スイスでも、あちこち出かけますが、たとえ出店しているお店が同じでも、場所によって雰囲気が違ってくるものです。

そして、ヴァンヴ名物のオルガン弾きのおじさんにも会えました。
有名らしいです。

venve

1人だし、誰に気兼ねもなくフラフラし続けていたら、もうお店を片付け始めている、、
時間を見たら、もうお昼でした。
意外と早いんですね、店じまい。
でも頑張って、まだまだ開けているお店もたくさんいましたけど。

今回は、レストランの写真とか、美味しそうな食べ物の写真とか、いっさいありません
最近は、一人旅をする機会があるので、一人でレストランとか入れるようになったのですが、
今回は、ホテルの部屋に電気ポットあるの見つけて、カップラーメン持参
あとは、近くの美味しそうなお惣菜屋さんとか、パン屋さんとかで調達して、ホテルで食べてました。
ま、それも結構楽しいです。いやいや、負け惜しみではなくて

そしてですね、
もう1つ、行きたいところがあって、そこにも行って来ましたよ〜。
それは、次のブログでお知らせしま〜す。




Comment:0  Trackback:0
2017
08.16

のどかなマーケット〜Crettazクレッタ

Category: 未分類
crettaz

レザンLeysinの入り口から、少しそれたところにクレッタCrettazとういう小さな集落があります。
15件くらいのシャレーがあるところ。
そこで、土曜日にマーケットがあると聞いて、行ってみました。
これは、ブロカントではなくて、ファーマーズマーケットのようですけど、、
クレッタには、昔、うちの子供が小さい時には、そこに住んでいたお友達のところへ、ちょこちょこ遊びに行っていたけれど、
最近はもうぜんぜん行くこともなくなっていたので、
とてもとても懐かしく、しかものどか〜な、いいお天気のマーケット日和。
少しお散歩してみました。
薪がたくさん積み上がってるお家とか、お花がきれいなお家とか、ヤギいるお家とか、、
見ているだけで楽しい、、けど人のうちだもの、あんまりじろじろ見たら失礼かな、、、

crettaz crettaz

crettaz crettaz

マーケットはこれまたのどか〜な感じ。
スイスの切り絵、はちみつ、ドライフルーツ、乾燥栗、野菜、パン、etc、、、

crettaz crettaz

crettaz crettaz

あれあれ、Lさんが何か売ってる。
何ですか〜?
KONBUCYAこんぶ茶??!!
ちょっと説明聞いてもよくわからなくて、、、日本のこんぶ茶とは全然違うモノらしい。
瓶に入っているし、、日本のはパウダー状ですよね、、?
味見させてもらったけど、説明できない感じの味???
これを元に、自分でも培養できるんだって。ヨーグルトみたいに。
健康にいいらしい、デトックスなんだって。
まあいいや、1本下さい。
一番いっぱい入ってるのあげるねって、ありがとうございます〜。

crettaz 

その隣は、ジャムとか、ホームメイドのケーキとか。
このジャム、何?
小さいの1つ買ってみよっ。D'oramges amèresって書いてある、、ダイダイのことらしい。
ダイダイのジャム、珍しいですね。こっちではそうでもないのかしら、、、
あと、チーズ売ってるところで、ヨーグルトと、その隣にハーブティー、美味しそうというかきれい。
栗のパンも珍しいね。切ってみると、こんな感じです。スイスのパン、美味しいんですよ。
さっきの乾燥した栗を戻して作ったものです。この時期ですから、フレッシュな栗パンはもう少し待ちましょう。

crettaz crettaz

crettaz crettaz

結構楽しくて、enjoyしてしまいました。
とても小さなスペースだけど、建物の絵もステキ。
建物の壁にはレザンのシンボル的3つの山が描かれている。
中央の3つ山、Aiアイ、Mayenマイヤン、Femelonファムロン、
ぶどうの樹の下で女の子が羊と一緒に山を眺めていて、
もう一枚の写真では、絵の続きで右下に男の子がタンポポの種を飛ばしてるのが、描かれています。

crettaz

その隣の建物の壁は、これまた美しい木で葺いてあるスイスの伝統的なもの。
小さな集落でも、すごくスイスや自分たちの住んでいる地域を大切にしている。
スイスらしくて、いいですねえ〜。
とある土曜日の朝の風景でした。


crettaz


P.S .このブログを見た友達が、”CONBUCYAってネットで検索したら、
日本語のサイトでもいっぱい出てたよ〜”とfacebookにコメントをくれました。
なんと!!紅茶キノコのことだったのですね。今アメリカでブームになってるらしいです。
びっくり!!
そういえば、Lさんはアメリカ人だったです。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top