FC2ブログ
2018
08.18

山のソワレーSOIRÉE〜Les Fers〜

Category: 未分類
山の会

またまた山関係のトピックですみません。
そんな気分になる季節と陽気だということです。
レザン山の会の活動の一つで、夜7時に出発して、レザンの山のレストランLes Fersまで行き、食事をする、
という何が目的なのかちょっとわからない行事に、、参加しました

定期的にやっています。
一応山の会ですので、山登りはします。
今日の目的地(山のレストランLes Fers1679m)まで、どんな方法で行ってもオッケーです。
自転車、ランニング、ウォーキング、、なんでも良いです。
食事だけの人は車でも笑。
一応タイムは計ります。
だからって、何のためでもなく、、、計ってるだけ。

山の会

こんな自転車で山登りなんて、信じがたい、、、鉄人としか思えない。

参加も自由。山に会に入ってる人でなくても、大丈夫。
参加者は前日までに、一応申し込みは必要なようですが、、
常連の人たちがいたり、私のように本当にたまにしか来ない人、
時々気が向くと来る人、若い人から年配の人まで、いろいろ。
限りなく自由な感じ。

私は、徒歩で参加。
走ったり、歩いたり、歩いたり、歩いたり、、、

山の会

レザンテレキャビンのパーキングでみんな集まって、
ボンジュ〜って、挨拶、そして世間話、、、ののち、
一応、5、4、3、2、1、Aller!!とスタートの合図。
最初だけ、は町中の舗装された道なので、走ったりしてました。

山の会

ステキで大きなシャレーの並ぶ道を過ぎ、

山の会

牛のいる農家もあったり、

山の会

キャンプに来ている子供達の応援を受けたり、
みんなで応援してくれたの、、なんか盛り上がってただけかもしれないけど、、

山の会

そしてここら辺からは山道。
もう無理、後は歩く、、、

山の会

スイスの夏は日が長いので、7時にスタートしても、まだまだ明るい。
なので、時折山の景色を見たり、
もちろん最初から最後までドベだった私は、結構気楽に走り、
タイムは44分。
こんなもんでしょう、、と言うタイムでした。
ちなみに、距離は4.5km、高低差は360mでした。

山の会

みんな、こんなの何でもないって顔で、最終走者の私を待っていてくれました(トップの写真参照です)。
それから、目的地のレストランLes Fersでお楽しみの食事会。
多分こっちがメイン。
レストランも、夜はこの会のために特別に開けてくれているので、
メニューは、3つだけでした。

山の会 山の会

山の会

クルトフロマージュ(パンの上にチーズを乗せて焼いたもの)、サラダLes Fers(焼いたトムチーズが乗っているビックサラダ)と、
牛肉のステーキ(写真ありません、、、)。
正直、走った後にどれも食べたくなっかけど、(ゴメンナサイ、、)、
でも、お腹は空いてたので、クルトフロマージュ、、
文句言ったけど、やっぱり美味しかったです
デザート(カフェグルモン、コーヒーに小さなスィーツが何種類も付いています)まで、結局食べた

帰りは、自転車の人は自転車で、足で来た人は、足で、、(当たり前)、
でも、ワイン飲んでめんどくさくなっちゃた人は、車で。
ふふふ、、車ちゃんとあるの。いつも。何故か。

このイベントが冬期にも定期的にあります。
冬も、やはり自由。
雪の中を、山スキーで登る人、ラケットで登る人、
以前のブログで冬の会も紹介したことがありました。

http://amisamis.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

いかにもスイス人が好きそうな感じのソワレーです。
フランス語に英語が混じった会話を聞きながら、頭の中ごちゃごちゃになって、みんなの話を聞いていたら、
疲れているはずなのに、頭が冴えて、
なんだか寝つきが悪かったです




Comment:0  Trackback:0
2018
08.14

トレッキング&ベリー摘み〜CREUSAZ〜

Category: 未分類
ベリー摘み

先週に引き続いて、トレッキングです。
2週も続けてトレックとは、、、どうした私?!そんなに山歩き好きだっけ??
マジックパスの効果かな、、!?
マジックパスとは、地元周辺地域のスキーのシーズンパスのことなんですが、
通常のシーズンパスでは、そのスキー場で買ったものはそこだけでしか使えませんでしたが、
マジックパスだと、近郊のスキー場がいくつか使えて、そして値段も少し安くなって、
しかも、夏にも使えるので、山歩きの時に、ゴンドラや、チェアリフトに乗れる、
という去年から導入されたシステムのパスです(ブラボー!!)
レザン住人の私たちが、隣の州でも使えるんです〜
なんだかタダで(実際はタダということではないですけど、、、)使えて嬉しくて。
ついつい主婦根性が、、

今回も隣のValaisです。La Creusaz。
Martgnyから車で登り始めて、まずはLes Marécotteへ。小さな村ですけど、電車も通ってるし、なんと動物園があります。
山の中に柵を作って、置いただけみたいな、、、素朴な動物園。たまたまそこにいた動物が入っている、、、みたいな笑。
あっ、でも、プールもあって、人気です。

ベリー摘み ベリー摘み

そこから、4人乗りのゴンドラで登ると、La Creusaz。
今年はベリー大豊作と聞いていたので、実は先週のトレックはタッパ持参で行っんですが、
既に殆ど終わった感じで、収穫ゼロ、、、
Creusazは、ありました、ありました。
今回は、ベリー摘みが大成功!!
ブルーベリーとラズベリー。
花より団子。
写真もそこそこに、ベリー摘み。
なので、今回写真が少ない、、、

ベリー摘み ベリー摘み

一応は上からの眺めもカメラに。(これだけでした、、)
右から、モンブラン(4807m)、中央がエギュイユ・ヴェリテ(4122m)、左がエギュイユ・ダルジェンティエール(3901m)、
ちょっと雲が掛かってましたが、雄大な山々です。

ベリー摘み

今日こそあったら良かったのに、
タッパがなかったので、持っていたビニール袋に入れて持って帰ってきました。
ラズベリーは柔らかくて、潰れてしまった
ブルーベリーは、小粒ながら、甘くて味が濃かった。さすがワイルド。
下の写真が、今回の収穫の全てです。満足〜

ベリー摘み ベリー摘み

さてさて、
ラズベリーは、あまりたくさんなっかたので、翌朝、豆乳ヨーグルトに投入(必ず言う)!!

ベリー摘み

そして、ブルーべりーは、ブルーベリーパイにしました!!
見た目はイマイチですけど、味はサイコーに美味しかったです。
シュガーちょっとで、甘みも十分。久々のヒットでした。
自分で採ったから、よけいそう思うのかな、、

ベリー摘み ベリー摘み






Comment:0  Trackback:0
2018
08.05

久しぶりのトレッキング〜LA SEYA〜花の小道

Category: 未分類
seya

久しぶりの投稿です。
前回が湯豆腐の話題だったので(笑)、あれから時は流れて〜って、感じですね。
夏真っ盛り!!の今、 日本は未体験ゾーンとも言えるほどの暑さに見舞われていますが、
スイスも、今年は暑いです。
8月1日のスイス建国記念日、花火禁止になった州がいくつもあって、ちょっと寂しい感じでした。
山火事とかの心配からでしょうかね。
世界中暑いですね
レザン(標高1300m)に住んでいて本当に幸せ、って思える季節です。
下の街に買い物行っても、速攻帰って来ちゃいます

と言うわけで、レザン引きこもりの毎日なのですが、
久しぶりに、山歩きに出かけてみました。
もっと、標高の高いところなら、より涼しいはず

すぐ隣のValais州は、ステキなトレッキングコースがたくさんあって、
車でも我が家からそれほど遠くないので、時々山歩きに出かけます。
今回は、La SeyaのSentier Botaniqueを目指しました。
Botanique植物の、Sentier山の小道、、、
そうそう、道々に高山植物がたくさん見られる、麗し〜いトレッキングコースです

seya

Leythronという街から、車で更に山の斜面にぎっしりと葡萄畑が張り付いている山道をOvronnazまで登ります。
この町はLeysin同様、標高1200Mくらいで、温泉があります。
日本の温泉とは全然違って、水着で入る暖かいプールって感じですけど。

seya

そこから、今回はチェアリフトに乗って、Jorasse(1700M)迄登り、そこからスタート。

seya

Jorasseでチェアリフトから降りたら、
さすが夏休み、レンタサイクルやら、(まあ、山道を自転車なんて、私はノーサンキューですけど、)

seya

レンタルポニーやら、(子供に限って無料で乗らせてくれるみたいでした!これは、いいなあ〜)

seya

ヤギもいたり、でなかなか楽しそうでした。(近くに鶏小屋もありましたよ、何故??)

seya

さてさて、歩き始めです!!
久しぶりだったので、やや緊張。
でも、道は、山の小道が続いて、いい雰囲気です。急なところもあまりなかったし
ところどころ、木陰にもなっていて、

seya

眺望ももちろんサイコーです
ただ、とてもいい天気だったのですが、暑さのためか、いつものような真っ青な眺めではなくて、
写真も、ちょっと白く霞んだ感じでしょ。

seya

見下ろすと下の街と、いろは坂みたいな登りの車道がくねっくね

seya

8月に入って間もなかったんですけど、お花は既に旬は過ぎてしまっていて、
やっぱり、6月7月が、フレッシュで種類豊富な花々に会えるベストな時期なんだと、改めて再確認でした。
でも、まだまだいろいろ見れました、ハッピーでした。
8月後半には、もう見頃は過ぎてしまいます。スイスの夏の終わりは早いです。

seya seya

seya seya

seya seya

どうですか?
少しは爽やかな空気、お伝えできたでしょうか?

帰りは、登りチェアリフトだった行程も歩いたので、疲れました、、、
やっぱり、身体なまってるかも、、!?




Comment:1  Trackback:0
2018
04.01

お豆腐作りました!!

Category: 未分類
豆腐

町中の雪もすっかり消えて、春の訪れを感じ始める今日この頃です。
と思って写真を撮ったその夜に雪が降り、あっという間に冬景色に戻ってしまいました。
レザンの3月はいつもこんな感じです。

豆腐 豆腐

今年の冬はシベリア寒波の影響で、異常なほどの低温が記録され、
ここスイスも寒い冬でした〜。

そこで、ってどこでっ?!、、、ですけど、お鍋食べたくなって、
お豆腐作りました!!
寒波とあんまり関係ない気もしますが、、食べたくなったんです!!!
(無理やり結びつけた!!)

でも、日本じゃないので、豆腐らしい美味しい豆腐、食べるのは意外と大変なのです!!
以前は、ハウスの”ほんとうふ”、、今でもありますけど、水に溶かして煮て固める、という粉末状のものや、
森永の長期保存用の豆腐や、中国で作られている長期保存の豆腐もありまして、
今でもありますが、、、そういったものを利用していました。

スイスのスーパーやアジアの食品店などで売っているフレッシュな豆腐もありますが、
大豆が凝縮されたように固くて、日本の豆腐とはだいぶかけ離れていて、
味噌汁に入れたり、お鍋に入れたり、には、ちょっと今ひとつ、、なものなのです。
豆腐ステーキなんかには、Goodです。水切りとか不要だし笑。

最近の日本食ブームで、絹ごし豆腐も身近なスーパーなどでも売られるようにはなりましたが、
やっぱり、薬品臭い気がしたり、値段もやたらに高かったりで、手が出ません。

そこで、買ってきましたよ、手作り豆腐キット。日本から。
大豆はこちらの大豆で、問題無いし、、、
何度か作って、すっかり虜になりました。

さて、
大豆は前の晩からお水に浸しておき、

豆腐 豆腐

フードプロセッサーでペーストにします。これを生呉(なまご)というらしいです。
ちなみに後ろにちらっと写っているのは、変圧器です。
ここでは日本の家電は、これが無いと使えません。炊飯器とか、ホームベーカリーとか、日本の家電は心配りがきめ細やかで、使いやすいです。
本当は冷蔵庫も持って来たい。スイスで買った冷蔵庫は、未だに霜取りとかしないといけないんですよ。
かってに氷、みたいな素晴らしい機能も欲しい〜。(豆腐の話からづれました。)

豆腐 豆腐

それから、お水とペースト状の大豆を煮ていきます。
その後、布袋で固く絞り出し、これが豆乳。絞りかすが”おから”。
できたお豆腐と同じくらい、いやそれよりも多いくらいの量のおからができます。
おからは栄養価も高いらしいので、ドーナツにしたり、コロッケにしたり、煮物にしたり、頑張って全部食べてます。

豆腐 豆腐

豆乳はさらに加熱して80℃にくらいにしてから、にがり液ををうちます。
すぐに固まってくるので、しばらく置いて固めます。

豆腐 豆腐

固まった豆乳を、流し箱に布を敷いて、そこに流していき、
覆いをかけて、重石を乗せて、水切りします。

豆腐 豆腐

完成!!

豆腐の作り方みたいになってしまいましたが、
お味噌作りも以前のブログで紹介しましたし、
”スイス仕込みの味噌作り”http://amisamis.blog.fc2.com/blog-date-201702.html

中には納豆、ラーメン、うどん、、、なかなかのスゴ技を持った日本人の友達がいっぱいいます。
日本のかぼちゃの種から、日本かぼちゃを育てた人も!!

食べ慣れた日本の味は、年を取るとともに、さらに愛着が増してきますし、
日本食は、本当にヘルシーですよね。
明日の朝は、お豆腐でお味噌汁作ろうかな
でも、その後は、あの大量のおからを食べ続けなければ、、、、




Comment:0  Trackback:0
2018
02.04

スノーシューin Solacyre

Category: 未分類
soracyre

雪がハラハラとちらつく1日でしたが、
地元のLeysinレザンでスノーシューsnow shoeに行ってみました♪
目的ポイントは、Solacyreソラシエールの山のレストラン。
そこで今日のランチを食べるのがお目当。
やっぱりそういう楽しみがないとね

スノーシューは、年齢を問わず、誰でも気軽にできる、人気の雪遊びアイテム。
けっこう良い運動にもなるし、健康にもGood
周りの景色を眺めながら歩けば、気分も爽快、自然も楽しめます。

soracyre soracyre

曇りで、雪がちらちらしていましたが、おととい降ったばかりの新しい雪は気持ち良い〜。
圧雪した後、まだあまり人が歩いていないみたいで、更に良い感じ。
朝10時、登り口のパーキングLa Carriere des Chamois (1471m)に車を置いて、出発!!
登り1時間半くらいの行程なので、この時間でちょうどお昼に着く、という予定です。
山スキーをはいた男性2人が一足早く出発して行きましたが、他には誰もいません。

スキーよりは軽装備で来たけれど、しばらく歩くともう身体がホカホカ暑くなってきました。
途中近道を見つけて、道を外れてみました。急斜面だけど、誰かが踏み固めた跡があって歩きやすい、
とは言っても、それでも雪がモコモコで、なかなか大変。

soracyre

夏にハイキングしていると、いつもあるはずのベンチがない!!、、、雪に完全に埋もれてる、、
あるのは動物の足跡くらい、、
うさぎか狐? 2種類の足跡発見!!
一回近づいて、交わった後、またそれぞれ別の方向に行ってる(笑)

soracyre

1時間半ほど歩いて、目的の山のレストランRefuge de Solacyre(1827m)に到着。
350mくらい登った計算です。
ここは夏にも1回は訪れる山のレストラン。
小さいし、年中オープンしているわけではなくて、夏冬通して山歩きの人が来そうなシーズン中だけ。
また、シーズン中でも、トップシーズンは毎日やってるけど、それ以外は土日だけオープンという、なんだか、テキトーな感じの漂うレストラン。

Solacyre

Solacyre

この辺りは、スキーリフトがないので、こうやって歩いて来る人たちだけが立ち寄れるレストランなので、
それほど混むこともなく、逆に、天気や季節に左右されるこんなレストランは、普段はあまり人がやって来ないのでしょう。

なんでも、オーナーはレザンのコミューンということ。
そして実際にお店をやっているのは、共同組合みたいなものがあって、
やりたい人が集まってローテーションを組んでやってるらしい。
とっても不思議なシステム。なので、来るたびにお店のスタッフが違っていて、ちょっと素人さんっぽい感じの人ばかり。

食事のメニューは4つ、
  ①チーズフォンデュ、
  ②サラミとチーズの盛り合わせの1人用ポーションと2人用ポーション、
  ③その日の日替わりスープ、
  ④プティデザート、以上。

Solacyre

Solacyre

写真でわかるように、
スープは大鍋に作っておく、として、
サラミとチーズは木のトレイに乗せるだけ、しかも切ってもいない(でもこの乗せるだけパターンはいたって一般的な盛り付けです)、
チーズフォンデュは頼まなかったけれど、削ったチーズとお鍋があれば、その場ですぐできるし、
要するにここでは調理しないで済むものばかり。
でも、文句ではありません。十分美味しいんです。

Solacyre

Solacyre

内装は、山小屋風で、(って山小屋でした!!)、かわいいし、
ストーブも暖かい雰囲気を作っていてくつろげます。

いつも同じメニューを食べる羽目にはなるのだけど、それでも、リピートしているってことは、
まあ、、美味しいし、、テラスからの眺めもよく、ロケーションが抜群、、そして、他にレストラン無いし、、
うちでは、お気に入りのレストランってことです

帰りは下り。朝にはあまり人に会わなかったのに、いつの間にか、結構な人々。
もっとモコモコな新雪、誰も歩いていないところをラッセル車みたいに歩いて下りてみたり。
1回こけました
幸せな雪国の1日でした。






Comment:0  Trackback:0
back-to-top